supermarket-ga44e0713f_1280.jpg

食費に多少お金を使えるようになったこともあり、新食材の発掘をしています。

その中で、新たによく買うようになった食材を紹介したいと思います。

①サバの水煮缶

魚の缶詰は以前からよく買っていましたが、最近は塩分等も考慮して、水煮を買うことが多いです。

もちろん水煮なので、そのまま食べるだけじゃ味気ない。
そこで、サラダにシーチキン代わりに使っています。

サバ缶は、安いのだと100円で結構入っていて、シーチキンよりも明らかにコスパがいい。
ほぐしてサラダに入れると、それっぽくなるし、タンパク質も補給できて良さそうです。

②ゴボウ

玉ねぎを始め、野菜の値段が高かったりしますが、ゴボウは非常に安定しています。
近所の安売りスーパーでは、カットしたやつが3・4本(たぶん丸々1本ぐらいに相当する)入って100円。

ピーラーで皮を向いたりするのが、若干面倒くさいですが・・・
きんぴらとか、あるいは塩コショウで味付けして、食べています。
あの食感が好きです。
食物繊維も豊富な点も良さげ。

今後は、天ぷらやゴボウサラダも作ってみたいと思います。

③食パン以外のパン

朝はパン比率が高いんですが、これまでは8枚切りで70円ぐらいの食パン1択でした。
トーストして、マーガリンを塗ったり、卵サラダをつけたり。
たまにサンドウィッチ、フレンチトーストみたいな。

今年に入ってからは、調子に乗って、バターロールやクロワッサンも買うようになりました。
バターロールは6個で90円、クロワッサンは小10個で140円。
体積あたりの値段からすると、明らかに食パンよりも高い。
ただ、やっぱり食パンよりも美味い。
バリエーションが増えると、食の楽しみにも繋がります。

他には、ちょっと贅沢品で言うと、刺身、キムチ、チーズ、冷凍ブルーベリーとかも度々買うようになりました。

食は自分の中での成長分野と位置づけているので、広い視点で食材選びを行っていきたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記