最近ずっと雨‥
雨と風、しかもまだ寒い。
さすがに昨日は冬のレインコートを出して出勤した。

こんな横殴りの雨の日は、客なんて来ないだろうから、ラクやな‥と期待する日に限り、やたら開店と同時に客がずぶ濡れで入って来る。
家おったらエエのに‥
びちゃびちゃになった床をモップで拭きながらそう思う。

昨日は祖父母が孫二人を連れて入ってきた。
祖父がカフェで買ったコーヒーなのか、それを片手に持って入って来た。
イギリス人はコーヒーを持ちながら店に入って来る人が多い。
バナナを我が子に食べさせながら入って来る母親、チョコレートやポテトチップスを食べながら入って来る子供、商品に付いたら売れなくなるから注意するが、たいてい逆ギレして出ていく。
最低年に1回は店内のソファで弁当箱を開けて我が子に食べさせながら待たせている母親もいるが、あんな場所で今すぐ食べさせねばならないなら、食べさせてから店に入っては来れないもんかと不思議でならない。

その祖父が、孫の履いてきた濡れた長靴をなぜだが脱がせた。
長靴をベルベット生地のソファに乗せる。
満タンに入ったコーヒーカップを床に置いた。
私は祖父に「お気をつけ下さいね」と嫌味のつもりで感じよく伝えた。
祖父は「ああ‥大丈夫」と言い、一度持ち上げたが再び床に置いた。

私はレジに戻った。
数分後、悲鳴が上がり祖父がびちゃびちゃになった持ち帰り用コーヒーカップを手に持ちレジにやってきて「あそこの床を掃除した方が良いよ。汚れているから」と言った。

せやから言いましたやん…

祖父は「誰かが買ったばかりのホットチョコレートを蹴った。カフェで理由を言ったら新しいホットチョコレートを入れてくれるかな?」と冗談なのか言い、全員で出て行った。
床には溶けかけたマシュマロ、生クリーム、そしてホットチョコレートが散乱。
濡れた長靴をソファに平気で置くのである。
ホットチョコレートだって床にぶち撒いて平気であろう‥
家のソファにも濡れた長靴を置くのだろうか‥
夫の兄嫁はキッチンの食べ物を切る台やトースターの横にさえ靴を置くから、土足文化を理解せねばならんのは私の方かも知れぬ。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記