仙台探訪記は15回目。
移住9ヶ月で15回なので、ぼちぼちのペースです。

■北京餃子

仙台市民に、高コスパ中華料理店として知られている北京餃子。
安い割にボリュームがあると聞いています。
仙台中心部にあるデパート、フォーラスの地下2階にあります。

PXL_20220427_043449865.jpg

定番の日替わりランチ740円を注文しました。
この日のメニューは、すたみな丼とあんかけ焼きそば。

original_cce08108-10e5-4c4a-ad8c-4c84fd55fcb5_PXL_20220427_042340530.jpg

コスパもさることながら、激ウマでした。
ちょっと味付け濃い目で、ま~絶対みんな好きな味。
何かこう、大衆感がたまりません。
現状、仙台で1番好きな店。

同じ店に2度行かない男を自負していますが、これはまた行きたい。
店名にもなっている餃子はぜひ食べたい。

■雪見だいふく✕喜久福

仙台銘菓として有名な喜久福。
コラボに積極的で、以前はチロルチョコと合体していました。

そして、今度は雪見だいふく。
夕方のニュースで、大好きな伊藤瞳アナがレポートして「ん~、美味しい~」と言っていたので、僕も食べてみました。

PXL_20220518_073353611.jpg

雪見だいふくか?喜久福か?と言われると、雪見だいふくです。
言われないと、喜久福とは分からないかもしれません。

ただ、抹茶部分のハイクオリティーの旨さは、紛れもなく喜久福。
宮城県民としては、誇り高いです。

喜久福は、常温保存ができないので、宮城外の人が手軽に味わうことができません。
この雪見だいふく✕喜久福は、全国のコンビニで売っているので、ぜひご賞味ください。

しかし、普通の雪見だいふくより高く、200円弱します。
早期のセミリタイアを目指している人は、買ってはいけません。

■ウジエスーパーの惣菜

宮城のローカルスーパーで、ウジエスーパーってのがあります。
お惣菜が人気らしく、お弁当・お惣菜大賞2022のサラダ部門で全国2位になったとのこと。

サラダ含め、人気ランキング上位の惣菜を調達してきました。

PXL_20220522_092910170.jpg

PXL_20220522_092823675.jpg

PXL_20220522_092827278.jpg

サラダは、全国2位のシャキシャキ蓮根と牛蒡の胡麻和サラダ、ポテトサラダ、カボチャサラダのセット。
ウジエの”らずもねぇ!!”餃子とウジエの”らずもねぇ!!”鶏唐揚。

「らずもねぇ」とは宮城の方言で、とんでもない、大変なって意味らしいです。
とんでもない餃子、鶏唐揚ってことですか。

食べた感想は、餃子と鶏唐揚は、らずもねぇくない。
普通のスーパーのお惣菜の餃子と鶏唐揚って印象でした。

サラダ3種は、なかなからずもねぇ。
素材の味がしっかり活かされていて、スーパーの惣菜のレベルを超えていました。
レンコン、じゃがいも、カボチャの旨味や食感を味わえる1品です。

■台原森林公園

仙台市営地下鉄の旭ヶ丘駅の眼の前にある台原森林公園。
都会の地下鉄の眼の前とは思えない程、緑に溢れています。

名前の通り、普通に森林。
遊歩道が整備されており、木漏れ日と鳥のさえずりの中をハイキングすることができます。

PXL_20220524_053428953.jpg

今回は、上の写真のメイン通りを歩きましたが、相当広くて小路を通りさらに奥に入っていくこともできます。

PXL_20220524_053248473.jpg

またアートな一面もあり、モニュメント的な物もあります。
池もあって、水鳥の姿もありました。

PXL_20220524_053820465.jpg

PXL_20220524_055343633.jpg

日本だと森林は普通ですが、都会で、しかも地下鉄駅直結のアクセスで、このレベルの自然が味わえるのは、なかなかない。
札幌の円山公園を思い出しました。
Source: Time is money  キムのお金日記