ドキドキ 杏美と麻理絵、玄関に。

将輝と馨、引き戸を開けて、
「こんにちはっと〜。」
「こんちわ〜〜。」

杏美、入ってきた将輝に、
「ねね、理沙、事故の事、示談にしたって…。」

その声に将輝も馨も、
「へっ…???示談…??それって…、どういう事…???」

瞬間、杏美、
「かかかかか。やっぱり分かんないか。」

理沙、車椅子で、
「いらっしゃ〜〜い。」

麻理絵、将輝と馨に、
「つまりは理沙の事故。なかった事にするって事。」

瞬間、馨、
「うそ。まじ…???」

将輝、いきなり理沙を見て、
「おま…。決めたのか…???」

その声に理沙、顔をコクリと、
「うん。」

瞬間、杏美、
「へっ…???決めたのかって…。何、将輝君、知ってたの…???」
将輝を見て、理沙を見て。

将輝、瞬間、
「あっ、俺は…、ただ…。」

理沙、
「私が、将輝君に話したんだよ。」

杏美と麻理絵、
「話した…???」

理沙、
「将輝君、おかあさん、いないから。」

杏美、両目を左右に、
「あっ。あ〜〜〜。それでか。」

馨はそんな将輝を見て。

麻理絵、
「へっ…???将輝君って、おかあさん…。」

理沙、
「うん。小さい時に、亡くなってる。」

「うそ――――――っ!!!」
口に両手を当てて麻理絵、
「知らなかった〜〜。ごめんね、将輝く〜〜ん。」
思わず麻理絵、将輝に頭をペコリ。

杏美と理沙、途端に、

「いやいやいや。」

杏美、
「マリ〜〜が、なんで将輝君に謝る。」

将輝、
「俺、別に謝れる事、何も…。」

馨、思わず、
「ぷっ。」

麻理絵、
「あっ、そっか…。つい…。」

理沙、将輝と馨に、
「上がって。始めよ。」

馨、将輝、
「お邪魔しま〜〜す。」

リビングに向かいながら理沙、
「将輝君、小さいときに…。なんだっけ…病気…???」
将輝に。

将輝、いきなり振られて…。頭を撫でながら捻って、
「なんだっけ…???確か…。いきなりぶっ倒れて、やばいヤツ。俺が小学生の頃だから…。…でも、今は、流美姉ぇがいるから…。」

麻理絵、
「ふ〜〜ん、そうだったんだ〜〜。」

杏美、
「あっ、でね、理沙の事故。」

将輝、
「あ〜〜、うん。」

「将輝君って、どこまで知ってんの…???」

将輝、思わず目を右左に、
「あっ。え…と、事故を起こした人が女性で、しかも、小学生の子供がいる。…で、その女性の人が事故後にうつ病になったって…。」

瞬間、馨、
「え〜〜!!!マジで。」

「うん。」

杏美、
「わお。んじゃ、全部知ってんだ。」

理沙、
「…って言うか、私、隠し事って、やだから。将輝君には、病院でなんだかんだ。それに、麗亜ちゃんとも友達だし。」
そして理沙、将輝を見て、
「私の事、話して将輝君、流美さんにも話したみたいだから、麗亜ちゃんも知ってると思うし。」

杏美と麻理絵、
「えっ、そうなの…???」

将輝、申し訳なさそうに、口をへの字にして。
「あっ、あ…、まぁ…。」

理沙、
「将輝君の、その…、流美さんて、将輝君のおばさんなの。」

杏美、
「うん。」

麻理絵、
「うそ。私、それも初耳。」

杏美、瞬間、
「あ、あ〜〜、はぁ〜。かかかか、それも、マリ〜〜には…。話して、なかったなかったよね〜〜。あははははは。…でさ、ついでに言っておくけど、その流美さんって人。将輝君のおばさん。看護婦なの。」

その声にも麻理絵、
「へっ…???そうなんだ~~。あ~~。だから、理沙の、その…、事故の女性の人の鬱~~。」
2、3度頷いて麻理絵、
「…って言うかさ、アズ~~。ついでって言う事…、かか、ないじゃ~~ん。ねぇ~~将輝く~~ん。」

理沙、
「じゃあ、やっちゃおうっか、勉強。」

麻理絵、
「うんうん。おばさんたち、帰る前にね~。」

何かしら、和奏が買い物に行っている間の、
理沙の見守りと留守番役になっているような4人。

僅かながらも、学校の授業よりも頭に入っている風な将輝と馨。何故か目付きも違う。
勉強を教えながらの理沙と麻理絵、そして杏美。勉強の途中で…。

ふたりを見て、
「あのっさ。」
杏美、
「将輝君も、馨君も、その目付きで、いっつも授業受ければ…いいと思うんだけど…。もしかして…、違うの…???」

その声に麻理絵も理沙も、思わず、
「ぷっ。」

麻理絵、
「だよね~~。最初とは目付き、全然違うって感じなんだけど…。かかかか。」

理沙も、その声に頭を2、3度、コクリと、
「うんうん。」

信じて…良かった。   vol.139.   理沙、「将輝君、おかあさん、いないから。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋