昨日はリゾバが休み。
せっかく伊豆まで来て、どこにも行かないのはもったいないので、お出かけしてきました。

最初に目指すのは下田。
日米和親条約で函館と共に開国された場所ですが、以後表舞台から姿消して、いまいちパッとしません。
逆に気になったので、どんな所か見てきました。

下田までは、伊豆急行を使います。
乗車券だけで乗れる普通電車ですが、観光列車チックになっています。

PXL_20220506_001731605.jpg

PXL_20220506_002255062.jpg

下田駅前はこんな感じ。
黒船推しです。

PXL_20220506_043408580.jpg

下田市内を一望できる寝姿山というのがあって、駅の近くからロープウェイが出ています。
山頂の展望台はこんな感じ。
海のすぐ近くまで山があるのが分かります。
逆の市街地側を見ても、山に囲まれています。

PXL_20220506_012701181.jpg

PXL_20220506_013207571.jpg

これだけ山ばかりだと、いくら開国の地となり栄えそうでも、都市化は難しいのかもしれません。

山頂には、お堂もありました。

PXL_20220506_013021858.jpg

下山して、お昼にしました。
これだけ海に近いので、当然海産物が旨いはず。
特に金目鯛が有名なので、定食を食べました。

ちなみに金目鯛は高級魚で、刺身付で2,750円。
あっさりした身は、甘辛い煮物に合います。
そして皮が美味い!
刺身とカニ汁も素晴らしかったです。

PXL_20220506_021850956.jpg

ここからは街ブラ。
至る所に黒船が来航した碑があります。
160年以上前に、ここで長い鎖国から日本が開かれたのかと思うと、感慨深いものがあります。

PXL_20220506_031322414.jpg

PXL_20220506_032550496.jpg

PXL_20220506_032452030.jpg

ペリーは最初浦賀(横須賀)に来て、横浜で日米和親条約を結び、下田と函館が開港されることになりました。
条約自体はザックリしたものだったらしく、開港した下田で詳細が話されることになりました。
ペリーは下田港に停泊した船で寝泊まりしながら、交渉場所まで通っていたそう。
その通り道がペリーロードと名付けられました。
柳の木があり、風情のある場所になっています。

PXL_20220506_025720409.jpg

そして交渉が行われたのは、了仙寺。

PXL_20220506_040802648.jpg

近くに開国ミュージアムがあり、そこで以上の歴史を学ぶことができました。

下田は初めて行きましたが、海と食と歴史があり、観光地とはいい所だと感じましたね。

下田観光を終えて、次は伊豆(伊東)の城ヶ崎海岸へ。

海に沿って、2km程のハイキングコースがあります。
緑に溢れて、時折ウグイスの鳴き声も聞こえ、海が見える。
開けると、岩場と大海原、遠くには伊豆大島。
快晴ではないので、そこまで青くは見えませんが、近づくと透明度は感じます。

PXL_20220506_062958541.jpg

PXL_20220506_064348418.jpg

PXL_20220506_064502064.jpg

以上で、小旅行は終了。
今回のリゾバは休日があったので、1日フルで観光することができました。
なかなか普通の旅行で下田までは行かないでしょうから、リゾバ特権を使い、経験値を上げられて良かったです。
Source: Time is money  キムのお金日記