ドキドキ そして、名城高校2学期の中間試験、その結果。

パソコンの画面で一樹、
「瑞樹には、郵送で結果を送っておいたから、届いたら見るように。」

理沙、
「はい。」

和奏、玄関の郵便受けから…。
「ふんふん。」
そして理沙の部屋に向かって、
「理沙〜〜。学校から〜〜。」

その声に理沙、
「わっ。」

すかさず部屋から出てきてリビングに。
そしてテーブルの上の郵便物を見て、自分の名前の…。

和奏、
「何…???」

その声に理沙、
「あ〜〜、うん。うん。なんでもない。」

「な〜んでもないは、ないでしょう〜〜。学校からなんだから〜〜。」

理沙、そんな母に後ろを向いて舌をチロリ、そのまま部屋に…。
そして机に…。封筒の封を…。中の…、そして開いて、目を…。

すると理沙、思わず、力を失い、頭をガックリと。
「ふぅ〜〜〜。」

和奏、エプロンのままで理沙の部屋に、
「理沙〜〜。なに、どうしたの〜〜。学校から〜〜。何〜〜???」

すると顔を机の上に伏せたままで…。

和奏、
「何…???…どうしたの、机に項垂れたようになんて〜〜。」

理沙そのままの状態で右手に持っていた紙を後ろ向きに差し出す。

和奏、顔を傾げて、
「ふん。」
その紙を手で、そして、
「これって…、2学期の中間試験の…。」
左から数字を…。
「えっ…???…へぇ〜〜。ほぅ〜〜。かかかかか。は〜〜っはっはっは〜〜。さすがは我が娘。なんとか乗り切ったね〜〜。何々、平均点より、いいじゃな〜〜い。かかかか。2か月遅れてヤバイかな〜〜って思って、おとうさんと心配してたけど、うんうんうん。まずまず。バスケに夢中になり過ぎて…。けど、バスケも今のあなたには原動力だもんね〜〜。」
そして和奏、理沙の頭を撫でて、
「良くやった。」

理沙、母親に顔を上げて、
「あははははは〜〜。なんとか…ねぇ〜〜。ふぅ〜〜。」

その3日後、こちらでは…。

「え〜〜〜〜。」
ガックリとして頭を項垂れての将輝。

馨は馨で、
「や〜べぇ〜〜。なんとか、スレスレ〜〜。」

和奏と理沙、いつも通りに病院に。そして整形外科のナースステーション。

看護師の須美と理沙、ハイタッチ、
「イェ〜〜イ、元気〜〜。」

理沙、
「あの、須美さん、今日、倉前師長と高崎主任は〜???」

そんな理沙に和奏、ニッコリと。

須美、
「あ〜〜。」

カルテを見ていた公美、
「うん。主任も師長も今、巡視で回ってる〜〜。」

理沙、
「ふ〜〜ん。」
そして理沙、須美に、
「倉前師長って、横峯邑さんって知らないかな〜〜???」

公美、
「横峯邑…???」

その時、廊下に見えた夏希と凪。ナースステーションにいるふたりを見て、
歩きながらお辞儀を。

和奏もふたりを見てお辞儀を。

凪、
「理沙さん、来たね〜〜。うん。こんにちは。」

理沙、元気に、
「こんにちは〜〜。ねね、高崎主任〜〜。」

凪、
「ん〜〜???」

「横峯邑さんって、知ってますか〜〜???」

その声に凪、いきなり夏希を見て…。

夏希、目をパチクリさせて、
「えっ…???…理沙さん、どうしてその名前…???」

理沙、
「うん。実は、障害者スポーツセンターの事務に、元看護婦の横峯邑さんって人がいて〜〜。その人が〜〜、元、ここの看護婦って…。」

瞬間、夏希も凪も、
「え―――――――っ!!!」

公美、
「師長も主任も、知ってるんですか〜〜???」

夏希、
「かかかか。知っているも何も、ず〜〜っと前の、ここの師長だよ〜〜。」

凪も、
「うんうんうん。師長も私も、そりゃ鍛えられましたから〜〜。…総師長になれる。まで行ったんだけど…、その前に妊娠しちゃって〜〜。」

理沙、
「薬師丸ひろ子似〜〜。」

凪、
「うんうんうん。似てる似てる。だから患者さんにも人気で〜〜。」

夏希、
「へぇ〜〜。横峯さん、今、障害者スポーツセンター。」

理沙、
「はい。事務の仕事をしながら…何ていったかな…。救護…の仕事…???」

夏希頷きながら、
「あ〜〜。うんうんうん。あるある、そういう仕事。」
そして夏希、
「そっか〜〜。じゃ、子供たち、大きくなったから、仕事復帰したんだ〜〜。」

「うんうんうん。センター長も、そういう話、してた。」

凪、
「理沙さん、横峯さんによろしく言ってくれる〜〜。」

理沙、その声にニッコリと、
「はい。分かりました。」

そして和奏、
「あ、で、倉前さん。」

夏希、
「あ、はい。」

「駒田先生から言われて。」

「あ〜〜、はい。」

駒田、MRI画像を見ながら、
「そっか〜〜、そっか〜〜。横峯さん、障害者スポーツセンターかぁ。へぇ〜〜え〜〜。かかかか。」

信じて…良かった。   vol.121.   名城高校2学期の中間試験、その結果。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「海をこえて」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋