私の職場は週末だけしか働かない学生バイトと、平日から土日祝関係なく働くスタッフの両方から成り立つ。
今まだ4人募集中であるが、なかなかである。
4月からイギリスはまた最低賃金が上がり、23歳以上は時給2300円くらいに上がった。
そこに役職がついたり、会社により異なる時給となるが、とにかく最低賃金は上がった。

これにより、急に応募数が増えた。
が、面接を1日3件しても来るのは一人以下、後は連絡無しで来ないか、採用決定しても当日来ないなど、50代を過ぎた未経験者を採用しても来ない有様。
多分、他に時給の高いところが見つかったのだと思う。
うちの会社も商品を値上げし、人材を減らし、そして最低賃金を上げねば人が来ないと気が付き、最低賃金を上げたは良いが、一人に期待する仕事が正社員と同じであるから若い子は辞めてしまう。

さて面接に翻弄する中、店長と二人で早朝に倉庫で仕事をしていたら、「実はな‥」と来た。
「誰が‥とは言われへんのやけど、週末のあるスタッフがチームリーダーと、そのチームリーダーの怠けた影響を受けたスタッフ達とは一緒に働きたく無いと言うてきた。店長である私がいるときは、私はやりがいを感じで働けるのに、チームリーダーはとにかく愚痴ばかりでフロアは汚い、ゴミは捨てない、何もしない。で、日曜日の閉店1時間前にフロアをちゃんとする。何故なら月曜に店長がいるから。私はそれを見てしまいウンザリしていると打ち明けられてん‥」と言った。

私は「まあ、私がいつも店長に言うけど、いつもの事やわな」と言いつつも、また最近ひどい。
それを受け、若き25歳の店長は一応25歳のチームリーダーに話したらしい。
しかし、今日も店長が昼休憩に行くとサボりだす。

人材不足である以上、辞められても困る。
だから注意しながら今に至るが、信頼できない人格であるのがチームリーダーという最悪の状態になっている。

店長は名を伏せたが、私には誰か分かる。
あえて聞かないが、あの真面目な子だと分かっただけに、だから来年辞めると言ってきたのかと納得がいく。
私は平日過剰な残業で、週1休みを取って7日分の食料品を買うので休みが終わるという状態でるから、ここ数カ月は土日は休みになっていたが、今後は月2で土日に入り、役職的には上のチームリーダーを勤務年数が倍の私が見張り、真面目なスタッフのモチベーションを下げないようにする計画で決まった。
幸い、勤務年数が倍の私の機嫌が悪くなるとチームリーダーは即座に察して「何かやる事ありますか?」と働き出すから、そんな計画になった。

そもそも、そんな人材しかいないという悲しき現実を、一つの仕事に30通以上も履歴書を出し、一年以上かかってやっと仕事を得て、せっかく貰った仕事を意地でも手放すもんか!としがみつきやってきた私の8年は何なのかと思う。
一番やってられんのは私や…アンタラ知らんやろ…
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記