ドキドキ いつの間にか理沙、車椅子の上でカクン。
そんな理沙を見向きもせずに将輝はスマホのイヤホンで動画を…。

やがて電車は三鷹。

将輝、
「おっと~~。ここまで来たか~~。」
そして、
「お~~い。」

その声に理沙、いきなり首を…。すると、
「あぃた~~~。すぅ~~。」

「…んなふうに寝てっからだろ。」

そんな将輝に理沙、いきなり顔をぐんにゃりと、
「む~~~。」

すると将輝、きょとんとした顔で…。
右手中指を自分の顎に。そして指をトントンと。

瞬間、理沙、
「うそ。」
いきなり両手で自分の顎を。

それを見て将輝、
「んな訳、ねぇだろ。三鷹まで来たぞ。」

理沙、いきなり自分のバッグを将輝に投げる構えで、
「んもぅ~~~。」

再び電車は動き出す。

そして数分後。

将輝、
「おし。」
席から立ち上がり、進んで車椅子のハンドルを…。
理沙はロックを解除して、開いたドアに将輝、背を向けて。
「ゆっくり行くぞ。」

理沙、
「うん。」

完全にホームに車椅子が、
そして、そこからは理沙が自身で車椅子を。

改札で待っていた和奏、ふたりを見るなり右手を上げて。
そして理沙も母親の顔を見つけて右手を…。

そして改札を抜けて…。

和奏、
「はい、おかえり~~。将輝君、おつかれ~~。ありがと。お昼、食べよ。」

将輝、
「ども。お待たせしました。」

瞬間、和奏、理沙の右こめかみを見て、
「えぇ~~。理沙~~。あなた、どうした~~、怪我~~???」
そして、将輝を見て、
「将輝く~~ん…???」

すぐさま理沙、
「あ、おかあさん、これ、将輝が悪いんじゃないよ。」

和奏、瞬間、
「へっ…???」
いきなり将輝と理沙を交互に見て…。

将輝、
「実は~~。」
頭を掻いて、その経緯を和奏に話し始める。

駅を出てスロープを…。

和奏、
「何、そぅなんだぁ~~。理沙、他に痛いとこ、ないよね~~。」

理沙、そんな母に、
「だ~~いじょうぶ~~。それに、薬師丸ひろ子ばりの元看護婦さんから見てもらったし。ニシ。」

その声に和奏、
「へっ…???…薬師丸ひろ子…???ぱり…???」
和奏、すぐさま将輝を見て…。

けれども将輝は困った風に顔を。

理沙、
「将輝は分かんないよ。」

その声に和奏、少し可笑しがった顔で…、
「さて。何食べる~~???」

「私は…、ラーメン。」
「将輝君は~~???」

将輝、
「あ~~。僕も…、ラーメンで…いいですね~~。」

すぐさま和奏、
「OK~~。んじゃ、ちょっと、遠いけど、あそこ、行くか~~。」

理沙、
「あそこ…???」

運転中に和奏、
「ははは。…でも凄いじゃん、初めてのシュート~~。」

理沙、
「へへへへ。」

将輝、
「思わず、小野倉さんも、お~~~って拍手。」

「へぇ~~。」

「でもねぇ~~。」
理沙、
「それからがぁ~~。」

和奏、バックミラーを見ながら、
「転倒ってね~~。」

将輝、
「小野倉さんと一緒に、びっくりしちゃって。」

「うんうんうん。」
「でも…、あのパスじゃ、ちょっと難しいよな~~。」

和奏、
「ふん…???」

「パスした相手も、ちょっと難しい体勢でのパスだったから…。…でも、それを無理やり。」

「ふ~~ん。」
和奏、バックミラーを見ながら。

「でも…。」

和奏、また、
「ふん。」

「でも…、車椅子に乗ってて、あのパス、受けられたら、僕、凄いと思いますよ。」

その声に理沙、口を尖らせて…。

和奏は、
「へぇ~~。」

「考えると…、体勢を崩してのあのパス。でも、バスケの選手だったら、リーチがあるから、ある意味、ノーマーク。逆にスリーポイントのチャンス。」

瞬間、理沙、
「あっ、そっか~~。うんうん。普通の選手なら…、確かに。」

和奏、その声にニコニコと、
「へぇ~~。うん。いいじゃん、いいじゃん。」

交差点で右折する和奏。狭い路地を…。

瞬間、将輝も、理沙も、
「狭っ!!!」

和奏、
「ふふ~~ん、ここは一方通行。狭いよ~~。…並んでないと…、いいんだけど~~。」

数秒、ゆっくりと走って、
「ジャ~~ン。ここ~~。」

将輝、
「ラーメン…、拓ちゃん。」

店の隣に駐車場がある。半分は埋まっている。

瞬間、和奏、
「ん~~、ちとやばいかな~~。」

将輝、
「えっ…???」

「客は、車で…だけじゃ、ないからね~~。」
「あ~~。」

店に入って…。

「こんにちは~~。」

厨房から、
「らっしゃ~~い。」
男性の声。

そして、
「あらワカちゃん、久しぶり~~。」

和奏、
「こんにちは、おばちゃん。」

「何、娘ちゃんに、彼氏でもできたかぃ。」

信じて…良かった。   vol.117.   将輝、「おっと~~。ここまで来たか~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋