hatena-g2ebc450ce_1280.png

昨日で桜観賞ツアーの記事は終えたのですが、番外編を。

秋田から高速バスで仙台に帰って来たのが、20:30頃。
スーパーで買い物をして夕食を摂ろうと思っていたのですが、帰り道になか卯がありました。
親子丼のポスターが貼ってあります。
今日の昼は比内地鶏の親子丼を食べましたが、違いはあるのか?と思って試してみました。

見た目的には、上が角館で食べた比内地鶏の究極の親子丼1,630円。
下が、なか卯の親子丼とうどんのセット600円。
価格相応に、前者のほうが豪華さがありますね。

original_628e4195-9d7c-45f5-b956-80dcc937a351_PXL_20220423_044902298_2022042522562678c.jpg

PXL_20220423_113334503.jpg

正直な味の感動。

まず、鶏肉は比内地鶏のほうが美味しく感じた。
ただ、焼いてあり香ばしさがプラスされたことによる調理法の違いかもしれません。

卵は、言うほど違いが分かりませんでした。

味付は、甘辛具合がちょうどよく、なか卯のほうが美味しく感じました。

1勝1敗1分ですが、味付けの配点は高いし、比内地鶏のほうが1,000円以上高く、待ち時間も1時間半あったことを考えると、勝敗は言うまでもありません・・・

旅行で食べたグルメが、「ぶっちゃけチェーン店のほうが良かった」ってのはちょいちょいあります。
地元の食堂が、資金力、規模感、ノウハウに勝るチェーン店を凌駕するのは困難なのかもしれません。
「名物に旨いものなし」と言われたりもします。

果たして、旅行で地元グルメを食べる価値があるのか?問題を考えてみたいと思います。

仙台ぐらいの都会であれば、全国様々なグルメを味わうことができる。
ジンギスカン、味噌カツ、広島お好み焼き、モツ鍋等々、まあ大抵の物があります。

地元で食べると旅行客で行列になったりしてますが、仙台だと分散するのでそれほどでもない。
全国進出するほどの店なので、当たり確率も高い。

時間とお金をかけても、いまいち見合わないこともある地元グルメ。
ならば、旅行では時間とお金を観光に集中させる。

地元グルメは、観光の行程中に並ばずに食べられるなら、寄ってみる。
あとは無理せずに、チェーン店やスーパーの惣菜等で済ませる。
その代わりに、普段の生活で全国の味の体験する。

一瞬名案だと思ったのですが、やっぱり考え直しました。

ビミョーなことも多い地元グルメですが、たまの大当たりがあります。
例えば、去年室蘭で食べたカレーラーメン
何となく味は想像できるし、正直そこまで期待していませんでしたが、びっくりするほど美味かった。

PXL_20210627_042321069_20220425233851340.jpg

地元グルメって、例えるなら助っ人外国人みたいなイメージ。
そんな当たらんけど、たまにドカンと大当たりがある。
しかも、当たり外れを見分けるのが難しい。

ハズレが多いからと言って、外国人を獲得しないチームはありません。
調査の手間や高額年俸をドブに捨てる可能性も多いにありますが、当たった時の恩恵は計り知れない。
ハズレはある意味必要経費であり、トータルで考えると助っ人外国人獲得はマストです。

地元グルメもこれと同じで、「ぶっちゃけコスパ悪かったよね・・・」ってことは普通にある。
しかし、事前に優劣を正確に判断するのは難しい。
地元でしか食べられない店も多い。
場合によっては、大きな機会損失にも繋がりかねません。

1回の大当たりのためには、ビミョーは付きもの。
そういうスタンスで、今後も旅行では貪欲に地元グルメを食べていこうと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記