ドキドキ 店員、椅子をひとつ片付けて…。3人に笑顔で、
「ごゆっくりとどうぞ。」

和奏、店員に、
「ありがとうございます。」
そして店の中を見回して、
「凄い、広いよね~~。しかも…スペースも十分。」

理沙、
「うんうん。ドアに、車椅子もOKってシールあったからラッキーって。」

「うんうん。将輝君、何にする…???」

何故か、違和感なく、理沙の隣に将輝。
…と、言うか、椅子を外した時点で、そこが理沙の席になってしまったのだった。

将輝、
「僕は…。ん~~。」
メニューを取り出して…。

理沙、
「おかあさんは何にするのよ。」

その声に和奏、ニッコリと、
「んふ…。」

そんな和奏をチラリと見て将輝。またメニューを…。そして数秒後、
「僕は…、この…、シーフードピラフ。いいですか…???」
和奏にメニューを。

和奏、
「もちろん。」

将輝、メニューを理沙に。

理沙、
「私…は~~。」
カレーを見て、
「ポークカレー。」

和奏、
「ヨシ、決まり。」
そして…、店員を見て手を…。

和奏、店員に、
「シーフードピラフ。それと、ポークカレー。そして、カルボナーラ。」

「かしこまりました。」

理沙、
「カルボナーラ…???」

席を離れる店員。

和奏、
「うん。そっ。カルボナーラ。」

メニューを見て理沙、
「へぇ~~。パスタなんだ~~。はは、私、マジ、初めて知った~~。」

和奏、顔を傾げて、
「そっ???…ふふ。女子に人気のメニューよ~~。」

そして数分後…。揃って、
「いただきます。」

食べ始めたと思ったら、さっきの女の子が母親に手を引かれて、
「バイバイ。」
と、右手を振る。

そんな女の子に和奏もニッコリと、左手を…。
理沙、それを見て、右後ろに顔を。

すると女の子、
「車椅子のお姉ちゃん。バイバイ~~。」

理沙もニッコリと、そして右手で、
「バイバイ~~。」

和奏、
「ふふ。か~~わいっ。」

それから…、また1時間少々掛かり…。

将輝、
「ありがとうございます。食事までごちそうしてもらって。」

和奏、
「何言ってる~~。また、お願いね。」

その声に将輝、照れながら、
「はい。」

和奏、
「あっ、それと、流美さんや麗亜ちゃん、また遊びにって。待ってるから。」

「あ、あ~~。ありがとうございます。言っておきます。」
「うん。じゃね。あっ、コピー、持ってるよね。スポーツセンターの…???」

将輝、
「あ~~。はい。大丈夫です。じゃ、ありがとうございました。」

和奏、
「じゃ、また、部活で。」

「はい。お待ちしてます。」

理沙は後部席で口を尖らせて右手をチョコンと。

和奏、「パン」とクラクションを…。

将輝、玄関に、
「ただいま~~。」

理沙、帰宅後、1時間はベッドで休んだろうか。
和奏も30分程休み、それからは法律事務から依頼された在宅ワーク。

けれども、和奏の在宅ワークはあまり栞奈と理沙には知られていなかった。
家族には知られない時間帯での在宅ワーク。
そのために理沙が母親の日中のパソコンを使っている姿を見て、
「おかあさん、やる~~。」とも言われたのであった。

和奏、理沙には、
「お姉ぇには内緒。」

理沙、可笑しがって、
「かかかかか。うんうんうん。」

確かに和奏、20年前には法律事務所を退職している。
けれども、その後も法律事務所のメンバーとは付き合いが続いている。
そして、丁度、理沙が高校に入学した時点で、法律事務所からの、
空いている時間を利用しての在宅ワークを進められたのだった。

確かに、瑞樹家としては、大黒柱の蒼介の収入で生活が可能である。
栞奈が生まれて、そして理沙が生まれて…。とにかく和奏は子育てに奔走。
奔走とは言っても、ワンオペではない。その条件で蒼介と結婚している。
和奏と蒼介は、2歳差。和奏の方が年上。「姉さん女房」に当たる。
和奏の方からの蒼介へのプロポーズだった。

理沙、庭に出て懸命にボールを持ち、そして車椅子を…。

すると、
「理沙~~。」
杏美や麻理絵たちである。しかも、一樹も。

玄関のチャイムが鳴る。

庭からリビングに理沙、
「おかあさん、先生~~。」

テーブルでパソコンを使っていた和奏、
「えっ…???うそ…???」
そしていきなりモニターを見て、
「は~~い。」

信じて…良かった。   vol.109.   違和感なく、理沙の隣に将輝。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋