ドキドキ 小野倉、そんな理沙に、
「瑞樹さん、バスケ、初めてなんだってね~~。おかあさんから聞いたけど…。」

理沙、小野倉に、
「はい。」

「今までは…???」

少しずつ息遣いも収まり、理沙、
「今までは…、中学で、剣道…。…んん。はぁ…。高校では…、バレーボールです。」

小野倉、
「へぇ~~。剣道…。凄いね。…で、今は、車椅子バスケ。」

理沙、
「はい。」
そして理沙、
「私…、事故でこんな体になっちゃって…。…でも…。」
チラリと将輝の顔を見るが、将輝は車椅子のメンバーたちに目が…。
「私の友達からの勧めもあって…。」
そして、ハッキリとした目で。
「私~~。性格的に…、動いていないと、嫌なんです。」

その言葉に和奏、思わず、
「ぷっ。」

その笑いに小野倉、
「えっ…???おかあさん…???」

和奏、少し可笑しがって、
「いえ。実は…、この子、子供の頃から、とにかく負けず嫌いで…。」

その声に小野倉、
「えへぇ~~。」

理沙、和奏からタオルを受け取って顔を拭く。

小野倉、
「負けず嫌い…かぁ~~。」

将輝、ボールをその場でバウンドさせて。数メートル離れたリンクにシュートを打つ真似。
そしてまた戻して、理沙の顔は見ずに、
「理沙さん、いい感じじゃん。」

その声に理沙、
「えっ…???」

将輝、その場でボールを使ってのフットワーク。
腰を低く、そしてドリブル。ボールを股の下、前から下から。小刻みに…。

それを見ていた小野倉、
「へぇ~~、やりますね~~。」

和奏、
「鴻上のポイントガード。凄いですよ、将輝君。」

小野倉、将輝に、
「ねね、ちょっと、シュートして見せてよ。」

その声に理沙がドキン。

将輝、
「えっ…???」
いきなり顔を明るく、
「いいんですか。」

「あぁ~~。今、そっちのコート、使用してないから、好きなだけ、いいよ。」

将輝、お辞儀をして、
「や~~り~~。あざっす。」

そして将輝、タンタンとボールをバウンドさせてコートのセンターまで。
そしてまたタンタンとドリブルしてスリーポイントラインに。
するとボールを顔の少し上に。そして頭の上に、右手が伸びる。
ボールは綺麗な放物線を描いて…。
リンクに吸い込まれるように…、ネットに、「ザシュッ。」

小野倉、
「おわっと~~。いきなりスリーポイント~~。」

その声に周りの車椅子の人たち、その男性に視線を…。

和奏、ニッコリと、
「ふふん。」

理沙も同じく、
「ふふん。」

将輝、リンクの下に。そしてドリブル。小さく一回りをしてジャンプ。
ネットが大きく揺れてボールはネットの中、一周したかのように、そして床に落ちる。
またそのボールを取って、今度はボールを好きな様に操って…。
その頃になると車椅子のメンバーは各々コートに近づいてくる。

将輝、小刻みのドリブルから素早くゴール手前でジャンプ。
シュート、かと見せ掛けて、今度は右の手から左の手にボールを、そしてバッグシュート。

瞬間、何処からともなく、
「凄ぇ~~~!!!!」
そして拍手。

将輝、今度はスリーポイントラインをドリブルしながら走り、
そこから全速力でゴールめがけて大きくジャンプ。
右手が真っすぐに伸びる。そのままボールをリンクに押し込む。

和奏、
「ナイス~~。イェイ。」
拍手。

その場がいきなり拍手で包まれる。

将輝、その拍手が初めて耳に入ったようで、
「えっ…???」

小野倉、
「かかかか、凄ぇ~じゃ~~ん。」

将輝、その声にいきなり照れながら、
「あっ…。」
頭を掻きながら、
「すいません。つい夢中になっちゃって。」

「大したもんだよ。」
けれども小野倉、
「えっ…???あれ…???…ってぇ~事は…。瑞樹さんの…友達って…、つまりは…、彼…の…、事…???」

その声に和奏、
「はい。」

それと同時に、理沙、
「いいえ。」
とは、言ったものの…。理沙、母親を見て、
「あっ。」

和奏、理沙を見て、思わず、
「ぷっ。」

理沙、瞬間、顔を赤らめて、
「あっ、いえ…。あ、はい。」

小野倉、思わずにっこりと、
「そっか~~。彼の影響か~~。バスケ~~。」

和奏、
「えぇ…。」
ニッコリと…。

理沙、そんな母親に、顔をグンニャリと。

小野倉、
「そうですか~~。」
そして、
「今日の、車椅子バスケの教室は、午前中で終わりなんです。もし良かったら、事務所の方で、日程と時間割、お渡しします。」

和奏、
「ありがとうございます。」

小野倉、理沙に、
「どぅ…???やれる…???」

その声に理沙、元気に、
「はい。」
そして、将輝を見て…。

信じて…良かった。   vol.107.   「私の友達からの勧めもあって…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋