ヨーロッパは今日までイースター休暇である。
イースターを初めて知ったのはオーストラリアはブリスベン郊外の保育園に勤めていた際、先生から卵型のチョコレートを貰ったのが初めてであった。
スーパーに行くと、この時期、卵型のチョコレートが積み上げられていたのに、私はなんの不思議も抱かず、先生から頂いて初めて知った。

3月にオーストラリアに渡り、超ホームシックだった私にチョコレートは優しすぎるプレゼントだった。
この時期になると、いつもそれを思い出す。

私はその後、アデレードに移った。
オーストラリアと言えばシドニー、メルボルン、ブリスベンが留学先にも旅行者にも有名であるが、私はアデレードに行った。
日本人が少なく、しかし程よい数の個性的な移民の人達が集まるアデレードは当時最高であった。
当時シドニー在住のオーストラリア人にアデレードに住んでいると言うと、え?どこ?と言われカチンと来た事が数回あるが、今私はまたイングランドにおいて、全国の天気予報にも出て来ないカーライルというマイナーな都市にすんでいるのが、何だか私のサダメを表している気がする。

不便極まりない。
何もない。
買いたくても店がない。
ショッピングモールと書いてあるショッピングセンターがあるが、ショッピングセンターはは無い。
病院も一つ。
皆知り合いで繋がっている。
が、これもまた慣れると味がある。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記