ドキドキ それぞれが、
「はい。」
「いらっしゃい。」

将輝、
「おぅ。」

馨、
「ども。」
そして馨、
「おばさん。」

その瞬間、和奏、口に右人差し指を立てて。

馨、目を真ん丸に、
「あっ。」
そして苦笑いで右手で頭を撫でて…。

弓狩、
「将輝君。」
将輝を見て弓狩、
「理沙君の事、お願いしますよ。」

将輝、
「あ、はい。」

弓狩、
「恵君。」

恵、
「あっ、はい。」

すると恵、テーブルの上に置いてあるクーラーボックスやらなにやらを一旦床に。

そしてテーブルを部員たちの前に。
「ヨイショ。」
そして、テーブルの上に自分のタブレットを…。画面にあるショートカットに指を。
そして、ズラリと並んであるファイルのひとつをまた指を。画面には…。

動画である。

部員たち、いきなり、
「お〜〜。」
部員たちそれぞれが、動画の中の選手のユニホームを見て、
「都築だぁ〜〜。」

途端にそれぞれがタブレットの前になだれ込むように…。
弓狩はニッコリとしながら…。

恵、
「日曜日に行われた、大学バスケ、都築バーサス越野(こしの)大学の試合。」

部員たち、
「お〜〜。」

その声に理沙、
「えっ…???えっ…???」

恵、
「理沙さんも…???」

理沙、恥ずかし気に、
「うん。」

和真、
「かかかかか。ほら、おいで。」

理沙、
「いいんですか〜〜。」

尚哉、
「もちろん。俺たちはいつでも見れるから。」

「ありがとうございます。」
そして車椅子で…。

和真、車椅子を引っ張って、
「オシ。」

恵、
「少し編集してあるけど…。」

その声に和奏、
「へぇ〜〜。凄〜〜い、恵さんって、そういう事も出来る〜〜。」

その声に恵、
「へへ。はい。」

そして部員たち、動画を見ながらも、少しずつ、顔色が…。そして、
「えっ…???」

尚哉、
「点差が…。」

前半ハーフ、点差が都築大学から20点以上もビハインドの越野大学が、
後半ハーフになって、10点差に…。それからは両チーム、じりじりと一歩も譲らず。

3年の勝浦智一(かつうらともかず)、
「おぃおぃおぃおぃ。やべぇぞ、これ…。都築…。これでスリーポイント…。うわっ。なんで、5点差って…。」

そんな部員たちの顔を見ながらも弓狩はニッコリと。
10数分後、編集された動画は、ようやく…。

「ふぇ〜〜。あぶねぇ〜〜。」
今度は3年の内村洋二(うちむらようじ)、
「3点差って…。負けるかと思ったぜ。」

都築大学が最終的に逃げ切り勝利。

弓狩、
「どうですか、且元君。」

名前を呼ばれて尚哉、
「はい。」
そして頭を撫でて、
「俺たちには、まだまだですが、とにかく、意識改革…、重要ですね〜〜。てっぺんにいても、いつ、引き摺り下ろされるか…。」

「そうですね〜〜。だからこそ、常にモチベーション。」

涼香、理沙に、
「どぅ…???理沙さん…???」

理沙、目をパチクリさせて、
「凄い。凄すぎます。」

涼香、ニッコリと、
「うん。そっか。」
そして涼香、
「スポーツセンターには…、いつ…???」
理沙を見て、そして和奏を見て。

和奏、理沙を見て、
「まだ…、日程は~~。」

涼香、
「土曜日なんて…どうかしら…。」
弓狩を見て…。
「確か、水曜日が休みで…。」

和奏、
「えぇ…。理沙も、リハビリと病院への通院の関係上…。」

涼香、
「OK~~。じゃあ、土曜日。監督。」

弓狩、
「分かりました。私から先方に。」

和奏、
「ありがとうございます。」

涼香、
「将輝~~。」

部員たちで戦略を練っている中、
「あっ、はい。」

そして土曜日…。

蒼介、
「じゃ、行ってきます。理沙によろしく。」

和奏、
「うん。」

「ほんとは、僕も行きたいんだけど、日直で。」
「うん。分かってる。帰ったら報告する。」

「うん。じゃ。」

和奏、車で、
「確か…、この辺…。あっ、あった、あった。菅田~~。」

前以て将輝から地図を書いてもらって。そして、車のナビを見て…。

理沙、
「ここね~~。」

一般住宅ではあるが何かしら新しい感じの2階建て。

和奏、
「なんだか、立派な家~~。」

理沙、後部席で、
「うん。」

和奏、車から降りて玄関に。チャイムを。

家の中で理沙、
「あっ、お兄ちゃん、理沙お姉さん、来た。」

ジュースを飲んでいた将輝、いきなり、
「うっ。」

麗亜、玄関に向かって、
「ハ~~イ。開いてま~~す。どうぞ~~。」

信じて…良かった。   vol.102.   弓狩、「理沙君の事、お願いしますよ。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》

庄司紗千「おふろ月夜」
※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋