ドキドキ 「何、ボ――ッとしちゃって~~。」
栞奈。

その声に理沙、
「へっ…???私…、そんな…。」

蒼介、
「かかかかか。まぁな、いろいろあるさ。」

栞奈、
「あ~~。もしかして理沙~~。将輝君が椎名の彼氏って…、ひょっとして、妬いてた…???」

「へっ…???」
いきなり理沙、首を左右に振り、
「いやいやいやいや。そんな事は…、うん。全然ないけど…。ただ…。」

蒼介、
「ん~~???…ただ…???」
理沙の顔を見て…。
「…どうした…???」

「あ~~、うん。…目の前で、あんなに凄いバスケ…、見せられて…。…何て言うの…???…どうやったら…???…って、思って…。」
そして理沙、自分の今の状態を見て…。

栞奈も蒼介も、そんな理沙を見て、
「ふ~~~ん。だ~~ねぇ~~。」

夜8時、帰宅してキッチンのテーブルで一樹、目の前の食事に両手を合わせて、
「いただきます。」

弟、倫久(ともひさ)の作った料理である。

食べて頷き、
「うんうんうん。はは、旨い。」
その時、メールの着信音。一樹、
「うん…???おや、涼香さん。…今、電話…いいですか…???」
そして一樹、
「えぇ。大丈夫ですけど…。」
送信。

すると3秒後、一樹のスマホにある番号から…。

一樹、
「もしもし、八倉ですけど。」

スマホの向こう、
「あっ。夜分すみません。涼香です~~。」

「あ~~、はい。こんばんは~~。」
「先生、実は、折り入って、お話が…。…と、言うか、お願いが…。」

一樹、その声に、
「お願い…???」

その15分後に、将輝のスマホに着電。
「えっ…???マネージャ…???」
そして将輝、
「はい、もしもし、」

スマホの向こう、涼香、
「将輝。あのね。」

翌日のお昼。

和奏のスマホに電話が…。
「瑞樹です。あ~~、先生~。お世話様です。」

スマホの向こう、一樹、
「すみません、お忙しい中、しかも…お昼の時間に~~。」

和奏、
「いいえ~~。」

理沙はテーブルで食事をしている。

スマホの向こう、
「…実は…。」

和奏、
「あ~~、はい。」
そして…、一樹の話を聞きながら和奏、
「えっ…???…は…???…はぁ~~。」
和奏、両目をキョロキョロと…。
そして、スマホを見ながら食事をしている理沙もチラリ、チラリと…。

スマホの向こうで一樹、
「僕としては、この話、乗ってみようと思うんですが…。」

和奏、いきなりの話に思わず動揺は隠せない。スマホ越しに、
「あっ、はい。分かりました。とにかく、本人にも話をして…。……。そぅ…ですか~~。…はい。分かりました。えぇ。はい。失礼します。」

通話を切って一樹、
「ふぅ~~。」

「へぇ~~。瑞樹さんに…、そういう話~~。」
江梨子である。まだ仕事をしながら…。

その声に一樹、
「えっ…???…え~~。ははは。」
一樹、弁当を広げながら、
「あいつの力に…、何とか…。車椅子バスケ、近づけてあげたくって…。」

「わっ!!!今日のも美味しそう~~~!!!!」

一樹、その声に、
「えっ…???…あっ、あ~~。ははは。ありがとうございます。」

和奏、通話を切ったスマホをエプロンのポケットに。
手を洗い。そして自分の食事をトレイに…。そしてテーブルに…。

理沙、
「先生…、何…???」

既に動画は見ていない。

和奏、
「うん。」
そして、
「いただきます。」
スプーンで一口。
「あのさ、理沙~~。」

理沙、
「うん…???」

「弓狩監督が…、あるスポーツ協会、紹介してくれた。」

「スポーツ協会…???」
眉を吊り上げながら理沙。

「うん」
「どう…いう…事…???」

和奏、スプーンでまた一口。
「うん。」
そして、
「北区に…、あるスポーツセンターがあるらしいの…。」

「スポーツセンター…。」
「うん。弓狩監督、話が早くて、もぅ…、そこのセンター長には話は付けてあるんですって…。本人次第。ってことで。」

理沙、口を尖らせて、目をパチクリと。
「ふん。」

和奏、
「でね。そこのスポーツセンターって、実は、障害者のスポーツセンターなの。」

「障害…者…。」
「うん。…つまりは、車椅子乗っていてもスポーツが出来ると言うとこ。」

その声に理沙、目を見開いて、
「えっ!!!」

その顔を見て和奏、口を真一文字に、そして笑顔で、
「そっか。はは、やっぱり…。」

すぐさま理沙、はしゃぐように、
「おかあさん、おかあさん。そこ、どこ…???どこ…???」
またスマホを…。

信じて…良かった。   vol.099.   「何、ボ――ッとしちゃって~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ
Source: THMIS mama “お洒落の小部屋