PXL_20220112_111934825.jpg

社労士試験に再挑戦しますと宣言していましたが、参考書を注文して、昨日届きました。
レギュラーバイトが終わる2月から勉強をスタートさせます。

まずは、不合格の原因。

昨年の試験結果は、500時間弱勉強して、選択式が21点/40点、択一式が49点/70点。

択一式は、各科目の足切りをクリアして、合格基準点の45点も上回りました。
しかし、選択式で2科目足切りに引っかかり、基準点の24点にも及びませんでした。

全く歯が立たなかった訳じゃありませんが、選択式で足切り2科目、総合点も取れていないので、合格レベルに届いてなかったと言えるでしょう。
選択式で合格点を取るためには、細かな箇所も詰めていく必要があります。
そこまで手が回らなかったのと、分析不足で択一対策に力を入れすぎたことが敗因だと思います。

以上を踏まえて、勉強計画を立てました。

①実力回復期(2~4月)

試験から5ヶ月以上1ミリも勉強しておらず、かなり忘れているのでまずは実力回復に努めます。

不合格とはなったものの、勉強のベクトル自体は大きく間違っていないはず。

なので、昨年と同じ参考書を使います。
テキスト・問題集は2022年バージョンを購入、これに随時過去問を挟んでいく。

2022年度版 みんなが欲しかった! 社労士の教科書 [ TAC株式会社(社会保険労務士講座) ]

2022年度版 みんなが欲しかった! 社労士の問題集 [ TAC株式会社(社会保険労務士講座) ]

2022年度版 みんなが欲しかった! 社労士の年度別過去問題集 5年分 [ TAC株式会社(社会保険労務士講座) ]


忘れているとは言え、1度理解・暗記した部分はやり始めればスーッと入ってくるはず。
昨年6ヶ月で得た実力は、その半分の3ヶ月で取り戻せるでしょう。

②実力向上期(5~7月)

試験を振り返ると、テキスト・問題集を完璧にして、運が悪くなければ合格できるとは感じました。

しかし、完璧が曲者。
どうしても弱さが出て、「ここはサラッとでいいかな」って部分ができてしまいます。
昨年の試験でも、その箇所を突かれ失点しました。

対策として、よりしっかりテキストを読み込む。
加えて、+αで問題集をやって、テキトー箇所をあぶり出して、潰していきます。

2022年度版 みんなが欲しかった!社労士合格のツボ 選択対策 [ TAC株式会社(社会保険労務士講座) ]

2022年度版 みんなが欲しかった!社労士合格のツボ 択一対策 [ TAC株式会社(社会保険労務士講座) ]


この3ヶ月で、合格レベルに持っていきます。

さらに、「あー、なんでそっちを選んじゃった?」的なミスもあったので、試験慣れのため模試も3回ぐらいは受けておく予定です。

③総まとめ期(8月)

7月までで合格レベルに達するとして、ここからは不合格の要素を少しでも減らす段階。

これまでの総まとめ、テキストでは手薄になりがちな時事的な知識もより強化。
自信を持った上で、本番に挑みます。

以上、①実力回復期(2~4月)、②実力向上期(5~7月)、③総まとめ期(8月)の3ステージに分類した勉強計画。

試験までは、7ヶ月弱、200日程度あります。
勉強時間は、基本は3時間、旅行やバイト等の日でも少しは勉強して、平均2.5時間が目標。

以上で500時間。
昨年と合わせて1000時間となり、合格に必要な勉強時間に達します。

試験の性質上、運要素は拭い去れず、合格レベルに達してから3年に1回自分の番が回ってくるとも称されます。
その点を覚悟しつつも、強い決意は絶対必要なので、「今年で決める」思いでやる!
Source: Time is money  キムのお金日記