ドキドキ そのふたりの驚きの声に麗亜、両手を合わせて、
「わっ。そうなんですか〜〜。」
そして麗亜、
「あっ、じゃあ、じゃあ、今…は…???」
そして麗亜、すぐさま傍にいる男性に左手を伸ばして、
「ねね、お兄ちゃん。」

そんな女の子の仕草を見ている理沙と栞奈。

男性、
「うん…???」
少し、とっつきにくいような男性。
「あぁ…。」

僅かの沈黙。

理沙、
「あっ。私は…、名城高校の2年なの。…で、私のお姉ちゃん。昂明(こうめい)大学の1年。」

栞奈、
「こんにちは。姉の瑞樹栞奈です。」
そして栞奈、小さな声で…、
「そっか…。お兄さん。」

麗亜、
「鴻上高校の2年。バスケ…、やってる。」

理沙、
「へっ…???鴻上高校…。わっ。」

その声に微妙に反応する男性。
「…ん…???」
その女性を見て、そして、
「鴻上高校が…、何か…???」

理沙、すぐさま、首を振って、
「いえいえ。」

麗亜、
「…で、お兄ちゃんの名前が…。菅田将輝(すだまさき)。」

その名前を聞いた瞬間、栞奈も理沙も、目を見開いて、
「えっ!!!…す…、すだまさきって…!!!」

麗亜、思わずニッコリと。そして体を僅かに前に、両手を合わせて、
「やっぱり…。普通…そうなるよね。」

男性はぶすりとして。

麗亜、
「芸能人の菅田将暉とは…漢字、一文字だけ違うの。」

理沙、
「へぇ~~。そうなんだぁ。」

栞奈、
「いきなりで、びっくり~~。」

「私も、芸能人に菅田将暉っているって知ったときは、びっくり。しかも、漢字も一文字違いで。うそでしょって…感じ。」
そして麗亜、
「ねっ、お兄ちゃん。」

その声に将輝、顔を動かさず、
「あぁ…。」

そんな兄を見て麗亜、そして栞奈と理沙を見て舌をチロリと、
「ごめんなさい。お兄ちゃん、初めての人だと、ちょっと…。それに…。」
麗亜、苦笑いを…。
「実はお兄ちゃん…、その…菅田将暉って…、どんな人か知らなくって…。」

その声に栞奈も理沙も同時に、
「うそ…。」
けれどもふたり…、困ったような笑顔で、
「あ~~。うん…。でも…、ううん…。」
顔を傾げて…。

理沙、
「麗亜…さん…だっけ…。」

麗亜、
「うん。」

「今、足、どんな感じ…???」
「今は…、まだ…ギプス…。入院して…1か月。」

理沙、
「そぅ…なんだ。」

麗亜、
「お姉さんは…???あの…、え…っと~~。」

「瑞樹理沙。」
「理沙さんは…???」

「まだ…1週間なの。ここの、整形外科の503号室。」

その声に麗亜、そして今度は将輝も、
「えっ!!!」

麗亜、
「うそ。じゃあ~~、私の病室と同じ階。」

今度は栞奈、
「えっ…???そうなの…???」

「うん。私の病室が、整形外科の510だから。」

栞奈、
「わぁ。じゃ、理沙の部屋の向かいの端の部屋。うんうんうん。分かる、分かる。」

そんな栞奈を見上げるように理沙、
「そう…なの…???」

「うんうん。…後で教えてあげるよ。」

すると将輝、
「さてと。そろそろ病室、戻るぞ。30分はとうに過ぎてる。」

その声に麗亜、
「あ~~~。ん~~。」

「先生に…、無理は禁物。」

兄の声に麗亜、口を尖らせて、
「もぅ~~~。」
けれども、
「あっ、そうだ…。今度、理沙さんの病室、遊びに行っていい…???」

理沙、その声に、ニッコリと、
「あぁ。うんうん。大歓迎だよ。いつでも。」

すぐさま麗亜、
「わは。ラッキー。」

将輝、立ち上がって、
「行くぞ。」
車椅子を押し始める。

麗亜、ふたりに右手を振って、
「じゃあねぇ~~。」

理沙、
「うん。また~~。」

車椅子を押しながら将輝、入口へと…。

車椅子を方向転換して理沙、遠くなる将輝の後ろ姿を見て、
「鴻上…高校かぁ~~。」

その声に栞奈、
「なに…???…その…、鴻上高校って…???気になるの…???」

「あ~~。うん。この間の地区大会。前は私たち、勝ったんだけど…。今回は、なんとも無残に負けてしまったのが、鴻上高校だったんだよね~~。」

その話に栞奈、
「へぇ~~。」

「…で、あの人は…。バスケ…なんだぁ~~。バレーだったら、何か…、聞けたかも…。」
「情報…???」

その声に理沙、首をコクリと…。

「な~~に言ってんだか~~。そんな…、バレーより、あんた。こっち。歩けるようになるのが先決でしょう~~。」

そんな姉の声に理沙、舌をチロリ。
「そうでした~~。」

信じて…良かった。   vol.007.   「鴻上高校の2年。バスケ…、やってる。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋