ドキドキ 名城高校の職員室。

教頭の室越悦男(むろこしえつお)。周囲の教師たちに、
「まだ…、八倉先生から電話は…???」

周囲の教師たち、
「まだです。」
「まだ。」
それぞれが首を振る。

室越、校長の坂崎与美(さかざきよしみ)に、
「校長…。」

職員室内で坂崎、腕組みしながら、
「…とにかく、八倉先生からの連絡、待ちましょう。私たちが急かしても…仕方ない。」

室越、
「えぇ…。」

手術室前で一樹、
「えっ…???」

杏美、
「…うそ。うそうそうそ。」

蒼白になっている和奏と蒼介。

10分前。

とある室内で医師の話を聞く和奏と蒼介。

和奏、
「…そ、それじゃあ、先生…。」

蒼介、
「そ、そんな…。」

漆原総合病院緊急救命センター、医師の角浦達郎(かどうらたつろう)、
「えぇ…。臓器には特に、問題は…ないんですけど…。」
パソコンのレントゲン写真を見て、脊髄の一部にポイントを…。
「脊髄損傷。…一刻も早く緊急手術を…。」

いきなりの医師からの宣告に和奏も蒼介も、口から言葉が出ず…。

なんとか…和奏、
「せ…、先生…。…それで…。手術をすれば、理沙は…。」

その声に角浦、
「……。何とも…言えません。…但し、ここで、手術をしなければ、下半身不随になるのは…、明らかであると…。」
そして角浦、
「…とにかく…、やってみない事には…。」

蒼介、
「かあさん。」

頬をハンカチで押さえながら和奏、
「お…、お願いします。先生。手術を…、理沙を…、助けて…。」

角浦、唇を絞って…、
「全力を尽くします。」

手術室の前で一樹、
「ん〜〜〜。」

杏美、
「何…???おばちゃん、おじちゃん…。じゃあ、理沙…、歩けなくなるかも…???」
そして、
「やだよ、やだよ、やだよ。そんな…。理沙。」

蒼介、
「とにかく…、手術の成功…、祈るしかない…。」

杏美、涙で染まった頬をまたぐしゃりとさせて、
「そ…、そんな〜〜。」

一樹、理沙の両親に、左手を…。
「す、すみません…。こんな時に、何ですが…、学校の方に…、連絡しないと…。」

蒼介、
「あ、あ〜〜。はい。すみません。こちらこそ…。」

和奏、
「先生…、ありがとうございます。知らせてくれて…。」

一樹、
「いえいえ。…それじゃ、ちょっと…失礼します。」

その時、もうひとりの女性が…。
「かあさん、理沙…???」

理沙の姉の栞奈(かんな)である。

和奏、栞奈に、
「うん。今、手術中。」

栞奈、
「手術…。…一体、何が…???」

その5分後…、名城高校も職員室に一本の電話。

教師のひとり、
「校長先生。八倉先生から…。」

坂崎、その教師の机に向かって、そして、
「もしもし、お疲れ様、坂崎です。……。うん。うんうんうん。え—————っ!!!…そぅ…。分かった。…とにかく…、命に別状はないのね。……うん。分かった。ありがと。…うん。うん。じゃ、気を付けて…。」
電話を切る。

坂崎、教師たちに、
「瑞樹さん、命に別状はない。大丈夫よ。」

その声に教師たち、誰もがガッツポーズ、
「やった〜〜。」
「良かった〜〜。うんうんうん。」
「よ〜〜っしゃ。」
「いやいやいや。参ったぜ、もぅ〜〜〜。」

坂崎、
「八倉先生も、これから、こっちに…。」

その声に教師たちは頷く。

坂崎、歩きながら…。そして…、教頭の室越に目配りを…。
そして校長室に…。

教師たちは、また再び自分の仕事に…。

坂崎、校長室の窓に…。

校長室に入ってきた室越、
「こ、校長…???」

「教頭先生…。」
窓の外を見ていた坂崎が腕組みをして室越に振り返り…、
「今、瑞樹さん。手術しているそうよ。」

「手…、手術…。」
「…それも…緊急手術…らしい。」

その声に室越、
「き、緊急手術って…。…そんなに悪いんですか…???」

坂崎、腕組みを解いて椅子に座り、
「職員室じゃ、言わなかったけど…。」

「えぇ…。」
「確かに、命に別状はない。」

「はい。」
「但し…。…脊椎の損傷がある…と…。八倉先生。…そのための…手術を…今…。」

「脊髄の…、損傷…???」
室越、腰の方に左手を回して…。

八倉が理沙の両親と別れて数時間後、手術中のランプが消える。

瞬間、立ち上がる和奏と蒼介、栞奈。そして、よろめきながらも立ち上がる杏美。
そんな杏美を抱えるように和奏。

ドアを開けて出てきた角浦。

和奏、蒼介、
「先生。」

信じて…良かった。   vol.002.   八倉が理沙の両親と別れて数時間後…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

アメーバ

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋