calender-g3d3abb30b_1280.png

12月1日から始まった短期レギュラーバイト(書類チェック)。
4週目を終えました。

先週は、日・月・金・土の出勤。
日曜日は30分、土曜日は1時間の残業もしました。
さらに、時給400円UPとのことで、12月31日大晦日も追加で出勤することに。
正月三賀日は、見たい番組とかもあるので、さすがに辞めておきました。

仕事はと言うと、他業務の応援がほとんどで、これが超単調。
ひたすら繰り返しで、数独をやる時間も無く、時間が経つのが遅い遅い・・・
なかなかのダルさです。

それでも、頭も体も使わないので、終わった後の疲れはなし。
単純に自分の時間を金に変えているだけ。
それ以外の要素は一切なく、非常に分かりやすい。

さて、今回は週4労働の是非を考えたいと思います。

4週目も終わり、バイトがある日のルーティーンが固まりました。

勤務時間は、9:00~18:00。

朝7時に起きて、ニュースを見ながら朝食を食べる。
8:30に出れば間に合うので、洗濯とか多少の家事もできます。

18:30前に帰ってきて、録画したテレビかNetflixの韓国ドラマを見ながら夕食。
21:00頃にジムに行って、筋トレかプール。
23:00前に帰ってきて、ブログを書いたりします。
24:00前後に就寝。

残業があると、夕食&テレビのまったり時間が減りますが、概ねこんな毎日です。

感想としては、今のバイトなら週4でもアリかな。

確かに、週4で働く弊害はあります。
ジムや読書はそれなりにこなしていますが、お昼のワイドショーを見る時間が激減して、若干世の中についていけない感じがします。

しかし、仕事が超楽で、通勤時間も短いので、そこまでの圧迫感はありません。
体的にも余裕はある。

これなら、週3で3ヶ月やるよりも、週4で2ヶ月気合いで乗り切ったほうがむしろいいかも?ぐらい。
週3の3ヶ月のほうが総労働時間は長いけど、週4にしたほうが幅広い仕事から探せるので時給が高くなる傾向にあり、給与はそんな変わらないってのもあります。

来年も12月中旬までW杯、年明けて3月からはWBCがあります。
1・2の2ヶ月で週4で働くスタイルを計画しています。
Source: Time is money  キムのお金日記