気仙沼旅行の2日目。

スタートは三度の温泉。
朝焼けを見ながら入る露天風呂は格別。

朝食前に少し散歩に行きました。
風も強くめっちゃ寒いですが、漁船が間近で見られて迫力があります。
朝日も綺麗です。

PXL_20211221_220305530_20211223093438b1e.jpg

散歩から帰って、朝食をいただきます。
さすがに一流ホテルの朝食で、イカの刺身が出てきました。
一部はバイキング形式で、名物のメカジキが入ったカレー、貝のクラムチャウダー等の気仙沼を感じられるメニュー。
美味しゅうございました。

PXL_20211221_223822890_202112230936432ce.jpg

PXL_20211221_223827340_20211223093645291.jpg

PXL_20211221_230221400_20211223093646336.jpg

さて、帰りも仙台駅までの送迎があって、2,000円以上する交通費が無料になります。
しかし、気仙沼まで来てこのまま帰るのは、逆にもったいない。
送迎は辞退して、観光して仙台に戻ることにしました。

まずは、漁港周辺を歩きます。
整備された小路からは、光が反射してキラキラ光る海が見える。
いいロケーションで海風も気持ちいい。

PXL_20211222_012213928.jpg

漁港周辺は、震災復興で新しくなっています。
海が見えるオシャレなコアワーキングスペースもありました。

PXL_20211222_013847579.jpg

魚市場方面に行って、シャークミュージアムに入りました。
鮫の生体や、気仙沼の漁業の状況等を学ぶことができます。
東日本大震災の映像もありました。

PXL_20211222_021633753.jpg

ミュージアム近くで、気仙沼が舞台のNHK連続テレビ小説・おかえりモネ展もやっていました。
町のいたる所に、ポスターも見かけます。
帯広のなつぞらの時も感じましたが、連続テレビ小説の舞台になった地域は全面に推出しますね。
僕は見ていませんでしたが、清原果耶ちゃんは可愛いし、気仙沼の風景も出てくるし、見てみたいと思います。

PXL_20211222_024038631MP.jpg

市街地での観光は終えて、寄り道しながら仙台へ帰ります。
津波の影響で線路が無くなってしまい、今はBRT(何の略か知らんけど)という代行バス的なものが走っています。
普通の車道も走りますが、一部区間はBRT専用の道でした。

PXL_20211222_030359856.jpg

昼食のために途中下車して、ホルモンお福という店で、気仙沼ホルモンを食べました。
海鮮が有名な気仙沼ですが、B級グルメとして豚ホルモンも人気とのこと。

750円のホルモン定食を頼むと、大量のホルモンが盛られてきました。
ホルモンはプリプリして美味しいし、味噌ベースのタレがまたいい。
これをオン・ザ・ライスして、白ごはんを食べると最高です。

PXL_20211222_033523454.jpg

PXL_20211222_033756792.jpg

PXL_20211222_034721322.jpg

再びバスに乗り、今後は気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館。
元々は高校で、津波で壊滅的な被害を受けた当時のまま保存してあります。
シアターで津波の映像を見ましたが、車や家等が無残に流されていきます。
その後、石油が引火して、気仙沼港は火の海に包まれました。
校舎内部も見学できて、3階8mの高さの所に流れてきた車があります。
屋上から見える青く穏やかな海は、こんなことになるなんて・・・
ニュースで見るよりも、遥かに凄まじい様子が少しは実感することができました。

PXL_20211222_044216526.jpg

PXL_20211222_051720081.jpg

PXL_20211222_051838230.jpg

PXL_20211222_052420682.jpg

以上で全メニューが終了。
バス&電車で仙台に帰ってきました。

■旅費

旅費をまとめておきましょう。

ホテル 5,050円
夕食(海鮮居酒屋) 2,500円
シャークミュージアム 500円
昼食(気仙沼ホルモン) 750円
伝承館 600円
帰り交通費 2,420円

合計 11,820円

これにクーポン2,000円分(1,000円✕2枚)が付きました。
チェックアウト当時中までの期限で、1枚をMSの費用、もう1枚をスーパーで使いました。
スーパーはやや無理矢理1,000円以上にした感はありますが、実質1万円切りで旅行ができたと言っていいと思います。

普段よりもグレードの高いホテルに泊まって、温泉三昧でしたし、みやぎ宿泊割とホテルの送迎サマサマです。

そして、気仙沼素晴らしかったです。
と言っても、まだまだ気仙沼は体験すべきコンテンツが残っています。

まず橋で繋がってる大島という離島があり、ここの海や展望台からの景色がめっちゃいいらしい。
冬は交通の便がいまいちなので、今回は見送りました。
また、海の幸も超豊富で、この旅行では食べなかった鮫料理やカツオも有名。
魚市場の水揚げの様子も見学できるのですが、入口がよく分からず寒くて戻ってきてしまいました(あとで分かりました)。

再来年の夏頃に、宮城・岩手の海側の三陸ツアーを計画しています。
その時も気仙沼で1泊して、上記の未体験のことをやりたいですね。
Source: Time is money  キムのお金日記