credit-card-gcff66d15a_1280.png

JCBから1枚のはがきが届いていました。
中身を見ると、メインカードとして使っているリクルートカードプラス関係の通知でした。

利用可能額が、100万円→150万円に増額すると。

説明を見ると、「カードの利用状況および、お支払い状況、ならびに指定信用期間の登録情報等に基づき、総合的な見直しをさせていただきました」とのこと。

カード

思い当たる節があります。
1ヶ月ぐらい前に、限度額を超えそうになりました。

利用可能額の100万円って、計算期間の1ヶ月の金額だと勘違いしていたんですが。
まだ引き落としになってない全ての金額の合計っぽいです。

とは言え、普通100万円もいくはずないんですが、父親からヤフオクで小判の落札を依頼されて50万円超を建て替えたことがありました。
あと自分のPCを買ったりなんやらで、利用額が膨らみました。
たまたま、利用可能額を見たら残り1万円ぐらいでビビりました。
幸いほぼリアルタイムで反映されているみたいで、以後は別のカードを使うなどして、オーバーせずに済みました。

これを察してか?
「この前は危ないとこやったし、これまで結構使ってくれて、支払いも問題ないから、50万円UPしといてあげたで」ってことなんでしょう。

しかし、カードって作った後は、職業とか大して関係ないのかな?と思いました。

リクルートカードプラスの職業登録を変更しておらず、まだ公務員ってことになっています。
しかし、仙台市の住所で、当時の役所に勤めているってことはほぼ考えづらい。
ちゃんと審査したら、「いやいや、この登録おかしいやろ?」ってなります。

それでも更新もされたし、今回は増額にもなりました。
1度作った後は、利用歴で見てくれるみたいですね。
ある意味ありがたいです。

ニートよりのフリーターなので、ゆるいカード以外は新たに作るのは難しいそうです。
しかし、頼んでもないのに増額になるぐらいですから、使用継続は大丈夫っぽいです。
Source: Time is money  キムのお金日記