calendar-g6012cc2ac_1280.png

2022年旅行計画に続き、来年の年間計画を策定してみました。

(1月)

お正月は、家で箱根駅伝や正月特番等を見て、まったり過ごす予定。
今やっている超楽なバイトが更新されたので、1月末までは週4労働でガッツリ稼ぎます。
娯楽の少ない時期ですが、「娯楽コンテンツは無料かサブスクで」という縛りを取っぱらうに基づき、本や映画を楽しみたいと思います。
また、秋保温泉に行った時に撮った写真を、協会のキャンペーンに応募したら2,000円の日帰り入浴券が当たりました。
これを使い、再び秋保温泉に行ってきます。

(2月)

バイトも終わり、社労士試験の勉強スタート。
早めに知識を取り戻せるように、ゴリゴリやっていきましょう。
北京オリンピックが開催されるので、無職特権を利用して余すことなく観戦します。
予定ではGo To トラベルも始まるので、東北の雪景色でも見に行こうかと。
山形蔵王の樹氷に注目しています。

(3月)

年1回の帰省予定。
親や妹と久々に会い、実家でゆっくりと過ごします。
仙台に戻る時は、三重→静岡→東京→水戸→日光→仙台の旅行を敢行します。
プロ野球も開幕するので、こちらも楽しみです。

(4月)

春の訪れで行動を本格化させていく。
まず7年以上乗っていく自転車を買い替えて、行動したくなる環境を作っていきます。
東北でも桜が咲く時期なので、観賞しに行きます。
仙台はもちろん、宮城県内だと一目千本桜はマスト。
東北にも名所が多く、弘前は昨年クリアしたので、岩手の北上、秋田の角館もいいですね。

(5月)

GWはリゾバに行きたい。
交通費支給のメリットを活かすために、近場じゃもったいない。
できれば、北東北(青森、秋田、岩手)へ。
それに絡めて、1・2泊を加えて、周辺地域を巡ってみたい。
狙いは、青森の十和田湖、秋田の田沢湖です。
加えて、スポーツ観戦にもいい時期なので、繰り出したい。

(6月)

札幌では最高の季節でしたが、仙台は梅雨が到来します。
よって、この時期にレギュラーバイトを入れるのもありかなと思っています。
おそらく日雇いバイトにはそこまで期待できません。
週3勤務・1ヶ月限定のレギュラーバイトを確保して、月10万円ぐらい稼ぎたい。

(7月)

夏到来なので、海に行かないといけません。
とりあえず宮城県内で、気仙沼、南三陸、石巻、松島あたりの海を見たいですね。
そして、高校野球は地方大会の現地観戦。
宮城県大会はもちろん、岩手に佐々木麟太郎という怪物が出てきたので、見に行くのもありです。

(8月)

月下旬には社労士試験本番を迎えるので、しっかりと追い込みを掛けていきます。
今年は何とか受かりたい!
シコシコ勉強だけしている訳にも行かないので、GWに続きお盆の短期リゾバへ。
ここでも、交通費支給メリットを活かすために、目指すは北東北。
並行して、甲子園もしっかり観戦します。

(9月)

勉強からも開放されるので、慰労の意味も込めて旅行に行きましょう。
行ったことのない東北日本海側へ。
仙台→鶴岡→秋田→白神山地→五所川原→盛岡→仙台を予定しています。

(10月)

プロ野球、Jリーグが白熱する時期なので、全力観戦です。
季節的にも非常にいいので、サイクリングで色々見て回りたいと思います。
もし収支に余裕があれば、旅行で遠出するのもいいですね。
興味あるのは新潟で、新潟市に加えて佐渡ヶ島も。
あるいは、今後の移住視察に沖縄もいいかもしれません。
万が一、海外旅行復活しているなら、久しぶりに行きたいですね。

(11月)

東北で紅葉真っ盛りの時期。
宮城の名所・鳴子温泉を予定しています。
温泉に入り、紅葉を見るのは格別でしょう。
月下旬からは、サッカーのカタールW杯も始まります。

(12月)

引き続きカタールW杯が、12月中旬まで。
ただ日本が敗北した時点で(そもそも出場するかも決まってないですが・・・)もういいかなって感じなので、動向を見つつ、冬恒例のレギュラーバイトの応募も始めます。
2023年3月からはWBC開催予定なので、2月末までの日程で探していきます。

以上が2022年の年間予定。

ただし、あくまでも最低限のもの。
これは当然履行すべきものとして、いかに上乗せしていくかが鍵となってきます。

コロナで梯子を外される可能性は大いにありますが、柔軟に対応して2021年を上回る年にしていきたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記