COW121000645_TP_V.jpg

政治・行政の無駄な経費や非効率な業務があった時に、「こんなの民間じゃあり得ない」との言葉を聞きます。

趣旨的には。
民間企業では、激しい競争が展開されている。
その中で、無駄な経費を垂れ流していたり、非効率な仕事をしていたら、淘汰されてしまう。
厳しいコストカット、効率化を要求されており、政治や行政は時代遅れだみたいな。

バイトの立場ではありますが、公務員と民間両方を経験した立場として、「いやいや、全然あるでしょ」と。

例えば、2年前にやったコールセンターでの発信業務。
会員登録している人に対して、℡して新しく始まったサービスを案内する仕事でした。
最初はどんどん℡していましたが、そのうちリストが枯渇して、次のリストが来るのは来週。
やることがなくなって、言葉遣いやパソコン研修をしていましたが、万策尽きました。
業務内容や契約期間は決まっているので、別の仕事に回したり、帰らせたりすることはできません。
結局雑談タイムになって、今日は最後の1時間以外は℡しませんみたいな日が数日続くこともありました。

リストの数、1件あたりのコール時間から計算すれば必要人員は分かりそうなもの。
盛大に見誤ったみたいですね。
8時間雑談している人を6人ぐらい雇っており、1日で時給1,100円✕8時間✕6人=52,800円が無駄金。
派遣会社、コールセンターの取り分を含めたら、どれだけ無意味な人件費が使われてるだろう?って感じ。

もう1つ、1年前にやったコールセンターの受信業務。
最初にお客様番号を言ってもらい、情報を呼び出すのですが、分からない人が結構います。
その場合は、名前、住所等を聞いて本人確認をするのですが、僕たちが使えるシステムでは住所、名前から検索することができません。
聞き取った情報をミニホワイトボードに書き取って、それを巡回しているトレーナーに渡す。
トレーナーは別端末まで行って検索して、お客様番号を書き取り、僕たちに伝えます。
トレーナーが手一杯だったりすると、一連の流れで2~3分かかることも普通にありました。

時間がかかりすぎて、不信感を与えたり、1人が受けられる電話の数が減ったり。
かなり非効率な状況でした。

バイト生活を3年間やってみて、民間企業だからといって、徹底したコスト削減、効率化をしている印象はありません。
無駄や非効率なんていくらでもあるし、てれ~っとやってますね。

逆に、派遣会社とかいい加減すぎて「こんなの公務員じゃあり得ない」と言いたくなることもあります。

もちろん、税金なので厳しい目を向けられて当然。
また、お世話になった恩義を感じているので、自分自身が公務員に対して甘くなっている面はあろうかと思います。

それでも、さも民間企業に比べて、周回遅れの仕事をしているみたいな言い方には、相当違和感があります。
Source: Time is money  キムのお金日記