agree-gc7d400594_1280.jpg

一昨日のブログ記事「東北放送のNスタみやぎに出演させていただきました」で、なぎ様より以下のコメントをいただきました。

以前もヤフーの記事に取り上げられましたよね?
私はそのときからブログを拝見してますが、今回の記事ではかなり受容的なコメントが増えた気がします。
FIREという考え方も浸透してきているのかな…?

残念ながら以前のヤフーニュースは、既に削除されていました。
あくまで印象&記憶の範囲ですが、YAHOO!ニュースに掲載されました ヤフコメ民の反応は?で感じたように、批判的なコメントが多くありました。

その時に比べると、なぎ様のおっしゃる通り。
特に、GOODの反応が多いトップのほうは、肯定的なコメントが多い気がします。

他にも、同じように思っている方がいました。

すぐについたコメントは「将来、くれぐれも生活保護に頼らないように。そして一人で寂しく死んでいって下さい」など辛辣なものが多い。
ところが時間がたつにつれ、「この生き方大賛成」「今の若い人たちは賢い」といったポジティブなコメントがつくようになり、評価順ではポジティブなコメントが上位を占めています。
ネットでテレビニュースの内容が配信されたから、最初はFIREや経済をろくにしらない批判的な意見が集まるけれど、時間がたつにつれ、分かった意見が出てくる。
そして、中立的な人も分かった意見のほうに賛成するようになるというのが分かります。
FIREという言葉はブームになっている背景には、思ったより好意的にとらえている人が多いことがあるのだな、と納得しました。

夢見る父さんのコツコツ投資日記』より

https://platform.twitter.com/widgets.js
確かに、同じ対象でも伝え方は違うので、別の感想を持たれるのは当たり前です。
また、最近事あるごとに誹謗中傷はダメとの話を聞くので、ヤフコメもマイルドになっているのかもしれません。

しかし、FIREが浸透してきたって部分もあるんじゃないかと思います。

倫理的問題を除けば。
そもそも、セミリタイアやFIREをしっかり知ってもらえれば、全否定されることはまずない。

ブログやTwitterで実践者を目にしますが、数千万を貯めてリタイアした人の中で、「うわ・・・金銭的にヤバくね?」と思う人は1人もいません。
と言うか、資産、節約力、投資知識等で優位性があり、その辺のサラリーマンよりもかなり安泰。
僕もその1人ですが、余り過ぎ懸念があるぐらいです。

まあ「全然楽しそうじゃない」と言われれば、それまでなんですが。
少なくても、圧倒的な時間的余裕があり、仕事のストレスをほぼほぼ排除できて、ボトムは超安定しています。

多くの人の悩みの種である、お金・時間・ストレスに一定の目途がついた状態が、FIRE・セミリタイア。

それを知った上で、心底ボロカス言えるのって、かなり高レベルで幸福な人しかいないでしょう。
目指さないにしても、一部理解はできるって人が大半ではないでしょうか。

最近相次ぐFIRE特集。
尺も短いので、深い部分まで完全に伝えることはできません。
しかし、自分も何度か出させてもらい、要点をまとめて核の部分はしっかり伝えていただいていると実感しています。

1個1個はFIREの一部分だけでも、複数あればだんだんと認知されていきます。
よりFIREが正確に理解され始めた結果が、コメントにも表れてきているのかもしれません。
Source: Time is money  キムのお金日記