先日オンライン会議があり、今年は会社本体に資金がない為、店長含む責任者の給与は2週間振り込みが遅れる事、またクリスマスパーティ代の支給は無しと報告された。
給与支給の遅れは悪い予感しかない。
長らく見てきたミナミの帝王でも、利子の遅れは悪い結果の始まりであった…

クリスマスパーティは残念無念であるが、しかし感染者が今また凄い中において、あえて避けたい人だっているはずで、クリスマスパーティだけは行かない=付き合いが悪い=私らと距離置きたい変な人ちゃう?みたいな空気になるから、無くなって良かったと思う。

子供の学校の3年のクラスが今集団感染真っ只中で、やはり年末は大人も密にならん方がエエ感じするけどな…と思っていただけに、内心良かったと思っている。

うちの会社は店舗数も相当減少させ、人員解雇もかなりの数になった。
この春から私の店舗は達成金額を相当上回ってやって来たが、会社本体に金が無いと聞けば、ロックダウン中のマイナスがいかほどで、それを立て直すのに何年かかるのか、それとも立て直しなど不可能なまま行くのか、明日は我が身かと覚悟し始めた。

私の友人が先日まで成人の精神疾患患者を担当する勤務医であったが、コロナで10代を含むケアが必要な患者が3倍に増えた為、そのケアをする人達の早急な育成を頼まれ、大学勤務に変わった。
がしかし学生が足りず、育成場所があれど学生が足りないと昨日うちに来て話していた。

人員不足だらけの中、元に戻る日を目指して皆それぞれの場所で頑張っているのだなと思う。
私も今年はクリスマス当日と元旦のみ休みであるから、今から買い揃えれるものは買い始めた。
呼ばれるうちが花。
必要やから呼ばれるのである。
オバハン売れっ子芸者や思て頑張る私は、肘の痛みでサロンパス貼りまくり中…

ああ…イギリスで、せんねん灸が買えたなら…
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記