ドキドキ 凛久、一瞬、その場で立ち止まって。

「社、社長…。」

 

侑里、

「ふん…???どしたの…???社長…何か…???」

 

スマホの向こうで美弥、

「じゃね~~。お疲れ~~。」

 

プツリと通話は切れる。

 

凛久、目をパチクリと…。

 

侑里、そんな凛久に、

「どした~~???」

 

凛久、思わず焦点が合わず…。

 

侑里、

「霧島…???」

そして、声高に、

「霧島っ!!!」

 

その拍子に凛久、

「わっ!!!…っと~~、びっくりした~~。」

 

侑里、顔をグシャリとさせて、

「…ったく、な~~によ~~。」

 

凛久、口を噤んで、そして目を真ん丸に、キョロキョロと…。

 

侑里、

「ねぇ~~。」

ムスッとして。

 

 

そんな有里を見て凛久、

「くくく。ぷぷぷ。」

 

侑里、顔を傾げて…。

 

 

「社長…。いや、叔母貴が…。」

「うん。」

 

「今後、一切、元木七星、介入なし。」

「介入なし…???…は…あ…???」

 

そんな侑里に凛久、両肩を落として、

「ふぅ。」

そして凛久、頭の中で、日曜日の七星との事を思い出す。

 

 

 

侑里、

「何…???…どういう事…???」

歩きながら…。

 

改札を抜けて、通路を歩きながら…。

 

侑里、

「へぇ~~。」

そして、

「かかかか。そんな事になってたんだ~~。」

 

凛久、

「いやいやいや。驚いたのは僕の方ですよ~~。」

 

「ふ~~ん。元木七星、あんな風に見えて、中々~~。凄いじゃん。」

 

凛久、侑里を見て、

「ねぇ~~~。かかかか。」

 

「…と言う事は…、必然的に…。成宮さんとの社長の…。」

「ねぇ~~。一切の…介入なし…って、事は~~。」

 

侑里、

「わ~お。」

 

 

 

 

 

鳳出版総務部、スタッフたちのコーヒータイム。

そんな中で七星もコーヒーを。

 

総務の女性、

「ねね、元木さん。」

 

七星、

「へっ…???」

 

「元木さん…、最近、何かあった…???」

 

その声に七星、

「えっ…???」

 

すると別のスタッフ、

「なんか…、いつもと全然、雰囲気違うから…。ねぇ…。」

 

「うん。…いや…。ごめんね…。今まで…なんか…こぅ…、とっつきにくいって…言うのがあったんだけど…。なんか…。」

そして隣のスタッフを見て、

「ねぇ…。」

 

「うんうん。なんだか…、顔…、変わった~~。最近、にこにこしてるし~~。」

 

そんな声に七星、

「えへ~~。ありがとう~~。」

 

 

 

 

 

社長室。美弥、

「やれやれ…。折角…なんとか…、結び付けられるかなぁ~って思ったんだけど~~。…ったく、凛久の奴~~。ふ~~ん。」

椅子の背もたれに…。

「…って言うか…、あいつの…彼女って…???」

腕組みして…、

「ふ~~ん。気になる…ん…だけど…。」

口をぐんにゃりとさせて…、

「言っちゃったもんね~~。一切介入なし。…かかか。ちょい、調子に乗っちゃったかな~~。」

 

けれども美弥、椅子を180度回転させて、椅子から立ち上がり、

「まっ、けど…。エクレール、アイリーン。篠田真理、コラボ。そして成宮薫子。なんとか…。」

 

 

 

 

そして茉祐子、いよいよ撮影当日。スタッフたちから激励で送られて…。

都内の某撮影スタジオにて…。

 

同行したのがエクレールでは宇治川愛耶乃、そして榛名迅。

鳳出版ではナターシャの羽田侑里、そして霧島凛久。

篠田真理、川邉佐那とそのアシスタントスタッフたち。

愛耶乃と真理、お互いに握手をして。そしてそれぞれも同様に。

 

愛耶乃と迅、茉祐子に、

「とにかく…リラックス、リラックス。」

 

侑里と凛久も、

「いつも通りに…。」

「ねっ。」

 

茉祐子、けれども緊張感は拭えない。

 

 

そして撮影。カメラマンの指示で…。

けれども、さすがに…。カメラマンから、

「ふ~~ん。さすがに…緊張しちゃってるかな~~。」

 

少し苦笑いの愛耶乃、そして迅。

 

そんなふたりの苦笑いには全く動じない篠田真理、じっと腕組みしたままで…。

 

すると佐那に耳打ちして…。そんな佐那がクスリと笑顔で…。

そしてカメラマンに囁いて、そのまま茉祐子に何かしら耳打ち。

 

瞬間、茉祐子、

「…???」

目をパチクリ。そして、

「あっ、はい。」

 

佐那、カメラマンにまた合図して。そしてまた撮影が…再開。

 

 

すると…茉祐子。

今までの感覚とは全く異なって…。

 

愛耶乃、迅、侑里、凛久、

「あっ。え…???」

 

 

真理、鼻先に右手人差し指を…、

「ふふ…。」

 

凛久、

「わ~~お。」

 

迅、

「おっと~~。」

 

薫子と茉祐子~その愛~   vol.162.   スマホの向こうで美弥、「じゃね~~。お疲れ~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋