ドキドキ 侑里、スマホを耳に、店の玄関の方、外の方を見ながら、
「へっ…???本当ですか…???」
思わず右手でガッツポーズ。

薫子、凛久を見て、
「何、さっさきから、黙ってばっかり…。くくくく。」

その声に凛久、
「いやいや。仕方ないでしょ。まさか、薫子先生と仕事以外でも会ってるなんて…。」

「いや。だって、それは…。ん~~。仕方…ないよね~~。別に…示し合わせた訳でもないし…。まっ、自然の流れでの…。」

凛久、瞬間、戻ってきた侑里を見て、
「おっと…。」

薫子、
「ふん…???」

侑里、ふたりに近づきながら、
「ふふふふふ~~ん。」

凛久、そんな侑里を見て、
「ふん…???」

薫子、そんな侑里を見て、
「あら…。」

席に就くなり侑里、
「なんと。ビッグニュース。」

凛久、チョコンと顔を傾げて。

侑里、
「先生~~~。」
顔をグシャリとして…。

薫子、
「へっ…???」
キョトンと。

侑里、
「あっ。…でも、これは…、まぁ…、仕方ないっか~~。」

薫子、
「ふん…???」

「エクレールと篠田真理のアイリーンのコラボ。」

凛久、
「うんうん。」

「なんと。ナターシャの独占取材。決定~しました~~。」

瞬間凛久、
「ッシャ。」
ガッツポーズ。

薫子、
「わお。へぇ~~~。」

侑里、
「…で…、当然ながら、CМにも、しっかりと…携わって参ります。」

薫子、
「へぇ~~。おめでとう~~。」

侑里、そこで、
「…でね、でねでね、霧島君。」

凛久、
「へっ…???」

「なんと、そのCМ。篠田真理とのコラボ。」
「はい。」

「モデルが、成宮茉祐子さん。…って、知ってた…???」

その声に凛久、途端に目をパチクリ。
「えっ…???えぇ~~~???」

そんなふたりに薫子、思わず顔をクシャリとさせて…。
顔をコクリと、
「そのようで…。」

凛久、
「先生……。」

侑里、口を真一文字に…。けれども笑顔で、
「まっ、確かに、これは…企業秘密ですから…。」

薫子、
「ご納得いただければ、幸い。」

「でも…、凄いよね~~。茉祐子さん…、CМのモデルって…。」
「ここ、ず~~っと、コラボの事で忙しそうに…。それに、CМのイメージトレーニングって…。」

凛久、
「へぇ~~。」
すると、その瞬間、
「あっ。」

侑里も同時に、
「あっ。じゃ…あの…。」

凛久、目を右左に…。

薫子、
「へっ…???」

侑里、
「あ、いや…。うんうんうん。そっか~~。」
そして侑里、
「うん。楽しみ。」

薫子と別れての侑里と凛久、歩きながら、
「なんとなんと。成宮さん、んじゃ、あの時は既に…。」

凛久、
「…その…ようですね~~。」

「…で…???その後、成宮さんとは…???」

そんな有里に凛久、
「あ、あ~~。」

「こ~~ら~~。折角、彼女のふりって~~。…それに…、社長との件…。どうするのよ…???」

凛久、困った表情で、
「…なんですよね~~。」
そこに、凛久のスマホに…。
「おっと…。」

侑里、途端に、
「何…、その着メロ…、めちゃくちゃヴァンヘイレンしてるし…。かかかか。ジャンプ~~???凄っ。」

その侑里に凛久、
「わっ、羽田さん、知ってますね~~。かかか。」

「…で、誰から…???」

画面を侑里に見せて…。

侑里、
「あっちゃ~~。」
顔をグシャリと。

凛久、画面をスワイプして、
「はい。凛久です。」

スマホの向こう、
「今、時間…ある~~???」

愛耶乃、迅のデスク上で、
「それにしても、こういう縁って…あるのね~~。ナターシャに、篠田真理。CМでも茉祐子がモデル。小暮社長も凄いけど…。霧島さんのジャーナリスト魂。凄いよね~~。とにかく…、視点が凄い。」

迅、腕組みしながら、
「うん。全く。しかも…、聞くところによると、成宮先生の料理番組、ナターシャ、霧島さんと羽田さんって…。かかかか。」

凛花、
「課長、この書類…、サイン…。」

迅、
「おぅ。」

凛久、美弥からの話をスマホで、
「えっ…???元木…さんが…???」

「うん。そっ。彼女、あなたに会ってから…、雰囲気…変わったそうよ。七星のおかあさんから、ありがとうって…、お礼の言葉…。」

凛久、その声に、
「へぇ~~。」

「ふん。まっ、そんな訳だから…。まぁ…、元木七星とあなたの事は…。これ以上は…。」

凛久、
「社…、社長…。」

「一切の…介入なし。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.161.   「なんと。ナターシャの独占取材。決定~しました~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋