イギリスでガソリンが手に入らず、大パニックになっている。
都会のようにバスが充実していないため、私も車がなければ仕事に行けない
一人であるが、昨日までにガソリンスタンドを何軒も巡り、いよいよガソリンが底をついた。
バスに乗り継ぎ仕事に行くにも、朝9時半からしか私の家の周囲のバスは走っておらず、これはいよいよ仕事に差し支えると覚悟した。

そんな昨夜11時、病院に勤務する友人から「今すぐ病院近くのガソリンスタンド行き。あるから。私も今入れた」とメールが来た。
速攻で行き、何とか確保。
これで1週間は走れる。

が、このパニックはガソリンが本当にイギリスから無くなるとか、そんな事は決して無いのに、人の心理を左右したパニックが起きてしまい、こんな事になっている。
最初のロックダウンでトイレットペーパーが消えたように。

政府は数日で回復というが、トイレットペーパーだって2週間買えなかった。
とは言え、ガソリンを満タンにしたら、ある一定の仕事を除けば、それほどすぐにガソリンは無くならないから、このパニックも落ち着いて来るはずと思いたいが、どうなるか…

コロナが出始めた頃、私も夫も常にトイレットペーパーを探したように、今はガソリンスタンドに立ち寄り、在庫がある店を探す生活にしばらくなりそうである。
こんな時、携帯という連絡方法があって本当に助かると心底思った。
持ってて良かった友と携帯。

以下の画像はガソリンスタンドにおいて、ガソリンを巡り人々が喧嘩する様子である。こんな様子が、各地で見られニュースになっていた。

人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記