time-2387976_1280_20210927231141c12.jpg

社労士試験に玉砕して、1ヶ月が経過しました。

半年間継続的に勉強してきて、急に全く勉強しない生活になりました。
気持ちを振り返ってみたいと思います。

1日3時間を基本勉強時間としていて、その時間がポッカリ空いたんですが、持て余す感はありません。
特にこの1ヶ月は、引越し前後で色々やることがありましたし、今も仙台巡りにいそしんでいます。
その他、テレビや読書の時間を増やし、3時間は余裕で埋まっちゃいます。

ただ、遊びが楽しくても、完全に勉強はもういいやとはなっていません。

必要に迫られている訳でもないし、合格してもリッチな生活になることもない。
むしろ、研修だ、登録料だで手数料負けしそうなことも分かっています。

でもやっぱり敗れた負い目と言うか、「このままでええんか?」みたいな内なる声がある。

You Tubeで予備校講師がやってる試験の考察的な動画には目が行く。
本屋に行っても、社労士の参考書コーナーは気になります。
その他の資格も少し調べましたが、ピンとくるものはありませんでした。

過去の記事(社労士試験 今後の身の振り方)でも分析しましたが、一部科目で試験範囲がかなり曖昧なので、実力をつけても普通に落ちてしまいます。
あと半年やれば合格レベルにはいくと思いますが、受かる保証は全くありません。

もし再挑戦するとしたら、仙台生活3年で合格するぐらいの腹をくくらないといけません。

確かに悔しく、勉強自体はそこそこ面白かったけど、そこまで情熱を傾ける対象なのかは大いに疑問です。
正直、あかんものを知ってしまったような・・・

まだ時間はあるので、引き続きステイして、自分の気持ちに向き合おうと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記