ドキドキ そして…。

当然の事ながら…。薫子、
「えっ…???茉祐子ちゃんが…、モデル…???うそ~~~???」

自分より早く帰宅して夕食の準備をしていた薫子に茉祐子、バッグをテーブルに置いて、
「うん。今日、会社に篠田真理と、アシスタントの人が来て、いきなり。」

薫子、
「え~~~。凄いね~~。うんうん。…で。茉祐子ちゃん。」

「うん。その時は、とにかく…びっくりだったから…。本部長も全然。全く前触れもなく…だったもん。篠田真理が、私を見て、急に、肩に両手を…。そしてぐるりと回ってみてって…。…で、私もひとりでぐるりと回って…。」

薫子、茉祐子が着ている透かし編みのロングニットワンピースを見て、
「ん~~~???んふふふふ。」
顔を少し傾げて笑みを。そして、
「茉祐子ちゃん。その服…。」

「へっ…???」

薫子、
「かかかか。茉祐子ちゃん、あなた…、やっぱり…ワンピース、似合うよ~~。」

茉祐子、首を横にコクリと。

「へぇ~~。それでも…、茉祐子ちゃん…。」
その時、薫子のスマホに着電。薫子、
「ん~~???」
そして画面を見た途端、目を真ん丸く。そして口を尖らせてすぼめて。
そして茉祐子に画面を見せて。

茉祐子、
「わっ!!!真純おばちゃん。」

薫子、スワイプして、
「あっ、はい。薫子です。」

いきなりスマホから大きな声、
「か、薫子さん、茉祐子、何、CМのモデル…???」

薫子、その声にいきなり耳からスマホを離して、右目を瞑って。
そして口をへの字にして…。薫子、
「ま…、真純さん…???」

真澄、
「ねね、薫子さ~~ん。今、勇吾から聞いてび~~~っくり~~。…で、今さっき、聖子さんにも電話して…。んもぅ~~。凄いじゃな~~い。」

薫子、スマホを右手で持って、そのままスピーカーを…。
「何々…???…で、茉祐子、まだ…相手にOKの返事してないんですって…???」

その声に薫子、
「えっ…???そうなの…???」

茉祐子、口を尖らせて、
「うん。」

「もしもし、薫子さん。」

薫子、
「あ~~。はい。聞こえてます~~。ここに茉祐子もいますから~~。」

「あらまっ。茉祐子~~。」

茉祐子、
「はいはい。おばちゃん。」

「あなた~~。凄いじゃな~~い。いい、ちゃんとよろしくお願いしますって…、お返事なさい。おばちゃんたち、絶対、応援するから。」

遠くから、
「応援するって、かあさんたち、CМ、見る程度だろ。」
勇吾の声。

そして、
「そぅそぅ。…けど。確かに、凄いこった。CМなんて…。」
真純の夫の克樹の声も…。

薫子、茉祐子にニッコリと。そして笑顔で…。

「茉祐子~~。おじちゃんもしっかりと…見てるぞ~~。かかかか。」

茉祐子、
「は~~い。ありがとうございま~~す。」

薫子、
「ふふん。」

真純、
「じゃね~~。また電話する~~。」

薫子、
「は~~い。わざわざ、ありがとうこざいま~~す。」
そして通話を切る。薫子、
「おやおや。ふん。」

茉祐子、
「あ~~~。」

すると、また薫子のスマホに…。薫子、画面を見て、
「ぷっぷぷぷ。」
また茉祐子に画面を…。

茉祐子、へこたれた顔をして、
「今度は…、聖子おばちゃん…。」

薫子、今度はスワイプして、すぐさまスピーカー。
「もしもし。薫子さん。ねねねねね。さっき、真純さんから聞いたんだけど…。」

薫子、
「はい。たった今、真純さんと電話…、終わったところです~~。」

スマホの向こう、
「あら。じゃ、茉祐子、CМのモデルって…???」

「え~~。本人も私の前にいるんですけど…。」

聖子、
「あらら。茉祐子~~。」

茉祐子、
「笑いながら、ちゃんと聞いてるよ~~、聖子おばちゃん。」

スマホから、
「うんうんうん。うんうんうん。茉祐子~~、頑張って~~。おばちゃん、応援してるから~~。」

薫子、
「ありがとうございま~~す。」

茉祐子も、
「ありがとね~~。聖子おぱちゃ~~ん。」

聖子、
「もぅ~~。嬉しくって、嬉しくって~~。私の方が、心臓ドキドキしてる~~。」

薫子、
「はははは。」
そして、茉祐子を見て、今度はスピーカーボタンを押して、自分の耳に。
「聖子さん、ありがとうございます。…うん…???うんうんうん。」

茉祐子、
「ふぅ~~~。さて…、着替えよっと~~。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.144.   「えっ…???茉祐子ちゃんが…、モデル…???うそ~~~???

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋