ドキドキ けれども侑里、
「あっ。…けど…。ちょっと…待てよ。」

その侑里の声に凛久、
「ふん。」

侑里、突然、顔を顰めて…、
「あっちゃ~~。そう…だった~~。校了…、あるんだったぁ~~。」

凛久、
「ふん。その…通り…。」

「この…、2、3日…、なんとも…。無理…だよね~~。編集部が…ドタバタしてんのに…。」
そして侑里、
「霧島君、確か、一週間後…だったよね。」

「えぇ。」
「まっ、何とか…なるかぁ~~。」

そして…。週明けの火曜日。

セールスプロモーション部の廊下を歩きながら愛耶乃、
「こちらになります。」
ふたりの女性と共に。ドアを開けて。
「どうぞ。」

セールスプロモーション部に現れたふたりの女性。
ひとりは川邉佐那。そして、佐那の隣の女性、篠田真理である。

スタッフ全員、
「いらっしゃいませ~~。」

スタッフ全員、それぞれが小声で、
「篠田真理…。本人…。」
「さすがは…、インパクト、あるねぇ~~。」
「きゃ。私…、どうしよ…。」
「凄ぇぇぇ。実物だ~~。」

真理、
「うんうん。素敵なトコ~~。」

愛耶乃、
「先生…、では、こちらに…。」

真理と佐那、その愛耶乃に従い、そのまま本部長室に。
何かしら…、スタッフ全員が…、その日に限っての…服装が…。

その15分後、最初にナターシャの記事のインタビューを受けたという事から、
茉祐子がふたりのために、お茶を…。

茉祐子、ドアをノックして、
「失礼します。」

話しの途中に茉祐子。ふたりにコーヒーを。
愛耶乃、机の上から書類を…。

そして茉祐子がその場を…、
「失礼します。ごゆっくりどうぞ…。」
にっこりと会釈をして…。

その女性の一部始終を見ていた真理が、
「ちょっとあなた…。」

茉祐子、
「えっ…???…あ、はい。」

愛耶乃、キョトンと…。

佐那、
「せ…、先生…???」

真理、その女性を呼び止めて、
「あなた…。」
そしてその女性に手招き。

佐那、
「ちょ…、ちょっと…先生…。」
眉を顰めて真理に手を…。

愛耶乃、キョトンとして口を尖らせて…。

茉祐子、何が何だか分からずに篠田真理の傍に。

真理、その場で立ち上がり、女性の両肩に両手を…。
「ちょっと…、ごめんなさいね。」
女性の両肩に両手のままで、女性を1回転。

茉祐子、今日は透かし編みのロングニットワンピースを着用している。

真理、女性の上から下まで…。そして、
「ちょっと…よろしいかしら…???」

茉祐子、
「あ…、はい。」

真理、女性を少し後ろに…。そして、
「ごめんなさいね。その場で、一度、くるりと回ってくれない…???」

愛耶乃、目をパチクリと…。

茉祐子も目をパチクリと…。けれども、言われた通りに、自然にその場で1回転。
そして、その後、顔を傾げて、
「あ…、あの…???」

愛耶乃も茉祐子を見て、困ったような笑顔で顔を傾げて…。

真理、瞬間、
「ふふ…。」
右手親指で顎を撫でて、
「うん。」
そして、
「ありがとう。ごめんなさいね。」
そして真理、ゆっくりとまたソファに腰を下ろして。

茉祐子、愛耶乃の顔を見て、そしてお辞儀をして、
「それでは…、失礼します。」

愛耶乃、ニッコリと…、そして頭をコクリと。

真理、そんな愛耶乃に向かって、
「宇治川本部長。」

愛耶乃、
「あ…、はい。」

「ご無礼…、承知の上で…。」
「……。」

「宇治川本部長、彼女…、私に…、貸していただけません…???」

 

その声に愛耶乃、
「…えっ…???」

ドアノブに手を付けた茉祐子も、後ろを振り向いて、
「えっ…???」

その声に驚いた佐那、仰天した顔で、
「せ…、せ~~んせっ!!!」

愛耶乃、困った顔をして、首を傾げながら、
「えっ…???え、え…???…篠田…先生…???」

茉祐子、後ろを振り向いただけで、キョトンと…。

真理、ニコリとした顔で、
「今回の…エクレールと篠田真理のコラボ。彼女、モデルに使いたいんですけど…。」

佐那、
「うそぉっ…!!!」

真理のその声に愛耶乃、そして茉祐子、
「えっ…???」

愛耶乃、目をパチクリと…、そして、
「せ…先生…、今…、何と…???」

真理、
「不躾で、誠に申し訳ありません。彼女…、お名前は…???」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.141.   セールスプロモーション部に現れたふたりの女性。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋