ドキドキ  「それにしても、まさか…、篠田真理とアイリーンのコラボって…。どっから、そんな発想…。」
凛花。

駅まで数メートル。

「本をただせば、ナターシャ、霧島さんよね~~。以前、篠田真理の記事をファッション雑誌に記事を掲載させてから…。とか…。」
愛耶乃。

凛花、
「ふ~~ん。」

迅、
「そして…、成宮先生の特集に、茉祐子の記事…。」

愛耶乃、
「あ~~。それは…違う。川邉さんの話だと…。成宮先生と茉祐子の記事は、川邉さん、霧島さんの記事って知らなかったんですって…。」

迅と凛花、
「へっ…???そうだったの…???」

「ふん。本人が言うんだから…。そうだよね。」

改札を抜けて通路を行く3人。

迅、
「そっか~~。でも…なんだかんだ…。霧島さん…ウチの…お得意様に…なって…きてるかな~~。」

凛花、
「うんうん。」

愛耶乃、
「確かにね~~。ん~~。…それに…、センス…いいよね~~。」

地下鉄、赤坂駅、3人、階段を下りたところに電車が…。そのまま乗り込む3人。
電車内の中吊り広告には週刊エマーブル。

凛花、
「あっ。そうだ。週刊エマーブル。それに成宮先生の料理教室…、エッセーで載ってるって…。うんうん。朱莉、言ってたな~~。永瀬絢美。それも、なにやら霧島さん、その永瀬さんに紹介したんだとか…。」

迅、
「ふ~~ん。」

すると愛耶乃、
「ぷっ。」

迅、
「ふん…???」

愛耶乃、思わず迅に振り向いて、右拳から親指を出して、右肩に。

迅の目に入った、愛耶乃の後ろの座席。ボストン眼鏡のロングヘア~の女性。
大学生だろうか、読んでいるのが週刊エマーブル。

迅、にっこりとして、
「おやおや。」

「それに…。」
凛花。

愛耶乃、
「ん~~~???」

「霧島さんって…、インタビューのやり方…、凄い上手だって…。朱莉も和歌葉も…。」
「へぇ~~。」

迅も、
「あっ。それって…俺にも言ってきてたな~~。」

愛耶乃、
「ふんふんふん。」

凛花、
「霧島さん…。ん~~。不思議な人~~。」
すると凛花、クスリと笑って…。
「誰か…、好きな女性って…、いるのかな~~???」
そして愛耶乃にチロリと舌を出して。

愛耶乃、
「くっくくく。さ~~てね~~。」

「何々、愛耶乃~~。なんだか…訳アリな~~。」
迅、愛耶乃の顔を意地悪な顔で…。

そんな迅に愛耶乃、
「えっ…???え~~???いやいやいや。私は…そんな…。」

そうそうしながらも、迅の自宅マンションの最寄り駅。

そして…。

迅、
「ただいま~~。」

愛耶乃と凛花、
「お邪魔しま~~す。」

3人、ダイニングキッチンに…。

「は~~い。お帰り~~。」
そして、愛耶乃と凛花を見て、
「あは~~。いらっしゃ~~い。」

愛耶乃と凛花、芙美(ふみ)に手を振り、
「芙美さ~~ん。」

そして愛耶乃、凛花、
「かかか。やっぱり。」
「いたね~~。」

テーブルでちゃっかりとジュースを飲んでいる朱莉。

朱莉、
「お疲れ様で~~す。」

迅、
「よっ。」

愛耶乃、芙美に、
「こんばんは~~。はは。お言葉に甘えて~~。」

迅、
「いつも通り、リラックスね~~。」

凛花、朱莉に、
「お疲れ~~。」

迅、寝室にバッグとネクタイだけを置いて、そのままキッチンに…。

芙美、迅にハイタッチをして、
「バトンタッチ。」

「おぅ。」

椅子に腰掛けている愛耶乃に、
「邪魔すると怒られるからね~~。」

愛耶乃、
「ねぇ~~。」
にっこりと。

迅、ワイシャツのままでエプロンをして。既に冷やしてあるワインを…。
「朱莉~~。」

朱莉、
「はいは~~い。」
勝手知ったる迅の家。キャビネットからワイングラスを…。

迅、朱莉にワインを、
「ほぃ。」

「うん。」

迅、冷蔵庫から食材を取り出し。それから、見事な包丁さばき。そしてフライパンで。

…やがて…。

女性陣、
「うんうんうん。いい匂~~い。」

それまでの時間、凡そ10分。そして皿に…。

「朱莉~~。」

朱莉、
「は~~い。」
カウンターに。
「うふん。おいしそ。」

ソファーのテーブルに、
「はい。前菜~~い。イタリア~~ン。」

愛耶乃、凛花、
「わは。さっすが~~。お見事。」
「しかも…、早~~っやっ。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.133.   凛花、「霧島さん…。ん~~。不思議な人~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋