激務から開放され、やっと休みになった。
昨日はうちでカーライル近郊に暮らす日本人のお友達8人で集まった。
ロックダウンや制限があったから、実に2年振り再会である。
その間に日本へ永住帰国が決まった方が二人いて、そのお別れ会も兼ねてである。
わずか8人しかいない、しかし互いに助け合い本当に何でも話せる日本人のお友達が二人もいなくなるのは本当に寂しい限りである。

今回、日本に戻られる事もあり、本やCD など日本からカーライルに持ってきた色んな物をみんなに置いていって下さった。
私は大好きな宮尾登美子の本を8冊と、「でっちあげ」という私の好きなジャンルの本を頂いた。
ここ3年は本を読む時間がなかったし、読む本も無かったから、早速今日から紅茶片手に読み始めた。
やはり本は良い。
贅沢な時間の使い方だと、改めて実感した。
そしてCDは山下達郎氏のものを頂いた。
出勤途中で聞きながら走るのもまた楽しみである。

別れは寂しい。
けれど今の別れは世界の何処にいてもメールで繋がる事ができる前提があるから、それもまた楽しみになると思う。
ちなみに昨日の話題はもっぱら「マイナンバーは何でんねん?」と「いつどう使うんやろか?」であった。
みんな浦島太郎状態であるから拉致あかず。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記