ドキドキ 薫子、その凛久の声に、
「あっ、そっか…。霧島さん、私と同じなんだよね~~。」

凛久、
「はい。田園調布。」
ゆっくりと歩きながら…。

薫子、
「それにしても…。霧島さん…。お酒…、強いよね~~。」

その声に凛久、
「えへ~~~???」

「…ほらほら。…六条さんのところでも、バー…ベキューの時…。」

その時、薫子の左足が、いきなりカックン。

咄嗟に凛久、倒れてくる薫子を抱き抱えるように、
「先生…???」

その薫子の顔を見ながら凛久、
「うっそっ!!!!」

薫子、完璧に、目を閉じている。

凛久、
「マジで…???」

薫子の体を支えながら凛久、
「やっべぇ~~。」

そして途端に歩道から車道に…。顔を左右に…。
「おっと~~。ナイス。」

凛久の挙げた左手で、左側にウィンカーを…。一台のタクシー。

凛久、薫子の体を抱いて持ち上げながら後ろのシートに…。ドライバーに、
「駅まで、お願いします。」

運転手、
「はい。」

薫子、右の窓越しに頭を…。何やら眠っている。

凛久、そんな薫子を見て、
「ふ~~。いやいや。まさか…。いや~~。」

10分程経過。駅の手前の交差点、タクシーは右に…。
その時、タクシーが右に曲がった拍子に薫子、頭をぐらりと凛久の右肩に…。

凛久、そんな薫子に、
「ふふ…。」

その瞬間、薫子、
「ん…、ん~~。」

目を覚まし、自分の体が斜めになっていることに気付く。

頭、右側に何かに凭れている感。薫子、
「えっ…!!!」
いきなり体を起こして、
「わっ!!!」
すぐさま右左見て…。そして左側にいる凛久の顔に目が…。
途端に左手が口元に…。そしてその左手が握り拳になって口に…。
思わず体を縮こませる薫子。
「ご…、ごめんなさ~~い。」

その瞬間、タクシーが止まる。

凛久、
「先生…、駅…、着きましたよ。」

薫子、
「あ…、あ…。はい。」

凛久、財布からカードを、そして運転手に、
「お願いします。」
そして薫子に、
「降りましょう。」

薫子、
「えぇ…。」
何かしらぎこちなさそうに…。

凛久が降りて、そして薫子が…。
薫子、路上に立った途端、また体がカクン。

そんな薫子を支える凛久。
「おっと~~~。かかか、先生…、大丈夫ですか~~。」

薫子、凛久に支えられながら、目を真ん丸にして、
「ふ~~~~。どうした~~私~~???」

凛久、笑いながら、
「いやいやいや。びっくりですよ~~。店を出て、歩いている途端に、体が、カクン。それに…目を閉じちゃっているんですから~~。かかか。いきなりタクシー、拾っちゃいました。」

薫子、右目を閉じて、
「ごめんね~~。」
けれども、まだ薫子の体は凛久に支えられている。

凛久、薫子を右腕で支えながら、
「…っていうか…、大丈夫ですか~~。…立て…ます…???…っていうか、歩け…。」

自分で何とか凛久から離れて立ち…。
薫子、
「うん。大丈夫。うんうん。…って、私…、そんなに飲んだ~~???」
そして顎に右手を…。
「…つもりでは…、ないんだ…けど…。」

凛久も頭を傾げて…、
「ん~~~。それほど…飲んでも…いなかった…ような…。」

1,2歩歩いて薫子、凛久に振り返って両手を合わせて、
「ほんと~~に、ごめん。」

凛久、
「かかかか。」
右手を振って、
「とんでもないです。だ~~いじょうぶ~~。…それより、先生の方が…、大丈夫ですか~~???そっちの方が…気になって…。」

薫子、
「ふん。なんだか…、スッキリしてる。…どれくらい…寝てた…私…???」

凛久、
「ん~~。多分…、10分…くらいかな…???」

「ふ~~~ん。私…、何かしら…、疲れて…たかな…???」

凛久、
「かか、とにかく…先生…、安心しました。」
クスクスと笑って、
「このまま、眠って、起きないなんて…。」

その声に薫子、
「だ~~から…、ごめん~~って…。」

凛久、
「はいはい。かかかか。」

その後、無事に田園調布の駅に…。ホームに降りて…。そして通路を通り。

薫子、
「じゃ、ありがとう…。」
そして、再び両手を合わせて、

「本当に、ごめんね。」

凛久、思わず、クスリと…。
「いいえ…。」
そして凛久…。

薫子と茉祐子~その愛~   vol.129.   薫子、「それにしても…。霧島さん…。お酒…、強いよね~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋