ドキドキ その途端に凛久も、
「あれ…???」

ダニエル、
「ン~~~???」
にっこりと。

瞬間、凛久、思わずフィンガースナップ。
「あ~~。例の…、あの方…。社長の…。」

侑里、
「あ~~、あ~~、はいはい。元木~~。」
その瞬間、侑里、
「あっ。ねね、霧島君、彼女なんて…、どぉ…???」

「はい…???」
「ほら。今の…。」

「今の…???」
凛久、思わず右目を歪めて…、すると、
「へっ…???まさか…、川邉…さん…???」

侑里、
「ふん。…何かしら…霧島君とは…馬が合いそうな…。」

すぐさま凛久、
「いやいやいやいやいや。ないないないない。彼女、川邉さんは…ない。」

ダニエル、そんな凛久を見て、
「ン~~~???」

「彼女、子供さん…いますよ。」

侑里、
「へっ…???そうなの…???」

「えぇ…。だって、取材の打ち合わせの時。事務所の近くのカフェだったんですけど、途中でライン来てましたから…。あれ、多分、おばあちゃんからかな…。娘さんの画像と一緒に。」
そして凛久、
「何歳…だったかな…???まだちっちゃくて…。」

侑里、
「ふ~~~ん。結婚して…たんだぁ~~。」
けれども、
「でも…、彼女、指輪…、してなかったんだけどなぁ。」

凛久、
「えっ…???」

「まっ、とにかく…、元木七星、なんとかするしか…ないねぇ~~。」

凛久、目を微妙に動かして…、
「ふぅ~~~。」

薫子、恵津子に、
「では、事務局長、お疲れ様~~。」

恵津子、眼鏡を外して薫子を見て、
「ふん。お疲れ~~。あん、先生…これから…ジム…???」

「はい。」
「かかかか。しっかし…、頑張るね~~。凄いよ。」

薫子、
「ふふん。」

「私には…、まず…無理だわ~~。仕事した後なんて…、とにかく…、一杯…頂きたいもの~~。」
「かかかか。分かる、分かる。ん~~、でも…私は…、体、動ける内は、しっかりと…。…私は…その後に…、頂きますから~~。」

「先生は…偉いわ~~。それに、自宅にも…マシン、あるんでしょ。」

そんな恵津子に薫子、
「はい。しっかりと、使いこなしてますよ~~。ふふん。では…。お先に。」

「は~~い。お疲れ~~。」

薫子、トライアル・スクエアの受付で、
「こんにちは~~。」

受付の女性、
「こんにちは~~。」

薫子、女性を見て、
「…今日は…、富永さん…じゃ…ないか…。」

ネームプレートには、名前の上に、「研修生」の文字。

「…ふ~~ん、研修生…。」
そして自分の名前を記入して…。頭の中で、
「霧島…さんは…。まだ…か。」

まだ凛久の名前が記入されていない。その時、バッグのスマホに着メロ。

すかさず薫子、バッグからスマホを取り出し、画面を…。
「ふふ。」

「もしもし、薫子です~~。」
その瞬間、自分で、
「あっ。」

スマホの向こう、
「もしもし、成宮先生…???」

薫子、咄嗟に、
「あっ、はい。成宮です。」
一瞬、薫子、頭の中で、
「…下の名前で…。私…。」

スマホの向こうから凛久の声が聞こえる、
「トライアル・スクエア…、着きました…???…僕…、今、駅に着いて。これから…。」

薫子、
「うん。えぇ…、私は今、受付~~。」

「あ~~、分かりました~~。じゃ、後ほど~~。」

何かしら少しばかり鼓動が高鳴る薫子、
「は~~い、分かりました~~。後で~~。」

通話が切れる。

受付を離れる薫子。
受付の女性がその女性に一礼をする。

20分後、凛久、到着。
「お疲れ様です。」

薫子、
「お疲れ様~~。」

そして凛久は薫子とは異なり、別メニューを…。
そしてたっぷりと1時間半。

先に薫子が、
「ロビーで待ってる。」
凛久に声かけをする。

凛久、ウェイトマシンの真っ最中。薫子に眉を上下に、そしてニッコリと。

それから20分ほどして…。ベンチに座ってスマホを見ている薫子に、
「お待たせしました。」

薫子、
「わお、早~~い。」

凛久、
「先生に、声掛けられて5分後には、僕も終わりましたから…。」

その声に薫子、意地悪そうに、
「あら~~。ズルしなかった~~???…はははは。」

「と~~んでもな~~い。しっかりと…、メニュー熟しましたけど…。」

薫子、
「ほんと…???」

凛久、目の前に右手を縦に、
「神に誓って。」

「かかかか。行きましょうか。」
「はい。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.127.   侑里、「あっ。ねね、霧島君、彼女なんて…、どぉ…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋