ドキドキ 侑里、そんな凛久に、
「えっ…???…そうだったの…???」

凛久、
「えぇ…。つまりは…、僕、どこの出版社にも…属…してないでしょ。」

侑里、
「あ~~~。そういう…訳か…。」

凛久、口を尖らせて…。
「まぁ…。フリーでも。まっ、なんとか…、それなりには…。…でも、いつも、同じような…。つまりは…ジャンル…???…ある意味、ちょっと…抜け出したくて…。」

佐那、
「うんうん。」

愛耶乃は笑顔で顔を傾げて…。

「そんな時に、書店で、珍しくファッション雑誌…、見たんですよ。その中に、たったの1ページに、ある画像が載ってて…。けど、その画像に僕…、かなりのインパクト感じちゃって。これ…いいかも…って…。」

腕組みしながら聞く侑里。

凛久、
「ファッションデザイナー、篠田真理。かかか。僕…全然知らなかったんです。そのファッションデザイナー。…まっ、ダメでもともと。…で、事務所に連絡して…。」

佐那、いきなりクスッと笑って、
「当然、けんもほろろにね…。」

「断られましたよ~~。…でも、なんとか…。」
「粘ったよね~~。事務所にも、何度か…。」

「全く、歯牙にもかけない…。そんな感じ。…けど…、そんな時に、川邉さんが…。先生を…説得してくれて…。」

佐那、
「先生に私、いいんじゃないですか~~。って。そんな…どこの雑誌社にも属してない。全くのフリーでやっている人でも~~って。そして、念のために、霧島さんが今まで書いた記事…。霧島さんから頂いて、先生に見せたんです。ねっ、霧島さん。」

その話に凛久、
「えぇ…。」

「その記事を見て、ようやく。重い腰を…。」
そして佐那、思わず、クスッと。
「散々、嫌みを言われながら…。」

凛久、
「でしたよね~~。」

「…でも~~。」

侑里と愛耶乃、
「うん…???」

すると佐那、いきなり、はつらつとした顔で、
「ねぇ~~。霧島さ~~ん。」

凛久、
「えぇ…。」

「なんと、先生。取材になった途端に、物凄い気持ちが昂っちゃって…。」

愛耶乃、
「へぇ~~。」

佐那、
「今まで見たことのないような、先生の気持ちの昂りよう…。あれには驚いたわ~~。」

凛久、
「お蔭で、僕も納得した取材…、できましたよ。えぇ。」

佐那、思い切りにっこりと、
「ねぇ~~。そして~~。蓋を開ければ…。何と。」

愛耶乃、
「うんうん。凄い人気よう~~。」

佐那、
「お蔭様で、物凄い。忙しいです。」

「ふふ。」

「事務所も…、前のところから、思い切って、引っ越しましたし…。」

その声に凛久、
「えっ、うそっ???」

佐那、
「ふふふ。これも偏に、霧島さんから取材してもらって、人気のあるファッション雑誌に掲載してもらえたのが、ご縁。」

侑里、
「ふ~~ん。そういう経緯…、あったんだ~~。」

「SHINODA MARI、今、凄いですもんね~~。いろんな雑誌にも載ってるし…。コレクションも人気よね~~。…もしかして…。海外でも…???」
愛耶乃、にっこりと…。

その声に佐那、直立になって、一礼、
「お蔭様で、幾つか…オファーが…。」

その一言に愛耶乃、
「わぁ~~。凄いじゃな~~い。」

「それもこれも、霧島さんとの出会い。」
凛久に佐那、丁寧にお辞儀をして…。
「その節は、ありがとうございました。」

そんな佐那に凛久、途端に右手を振り、
「いえいえ。僕は僕なりに、納得した仕事…やりたかったから…。」

佐那、
「ううん…。だって…。今回のだって…。結局は…。」
そして佐那、思わずクスリと…。
「なんだか…、まだまだ、ご縁…ありそう~~。」

愛耶乃、にっこりと、
「ふ~~ん。ふふふ。」

侑里、凛久の顔を見て、
「おんや~~。霧島君…。」

凛久、瞬間、侑里に、
「えっ…???」

侑里、凛久の左肘を右肘で突っついて、口を尖らせて、両眉を上下に、佐那に視線を…。

凛久、
「えへ~~???」

愛耶乃、
「じゃ、侑里、霧島さん、私たち…。」

佐那もふたりにお辞儀をして、
「それじゃあ、失礼します。」

そんな愛耶乃と佐那にペコリとお辞儀をして、侑里。
凛久は右手を振り…。

そしてふたり、また椅子に座って…。

「あれ…???私たち…、何の話…してたんだっけ…???」
侑里。

薫子と茉祐子~その愛~   vol.126.   「その画像に僕…、かなりのインパクト感じちゃって。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋