business-3188128_1280.jpg

ご報告したように、社労士試験は玉砕しました。
引き続き勉強していくのか?今後の身の振り方を考えてみました。

足切りをくらった選択式の答え合わせをした直後は、「こんなんやってられるか」ぐらいの気持ちでした。
テキストにも載ってない箇所から5問全部出されて足切りでは、努力した意味がありません。
あと1年間勉強して、同じことになったらたまらないので、もう辞める、テキストも全部捨てようと思いました。

しかし、少し経って冷静になると、ちょっともったいないかなという気持ちも湧いてきました。

落ちはしましたが、択一式は十分に合格ラインに乗っていました。
あと200~300時間ぐらい勉強したら、合格レベルの実力が付く。
実力をキープした上で、何度かトライしたらそのうち受かるだろう。
実際多くの合格者も、そんな感じじゃないかなと思います。

また、負け犬のままでええんか?って気持ちもあります。
今の状態だと、試合に敗れて、ルールが・・・と言っている1番ダサい奴です。

試験問題・制度的に勉強するモチベーションは下がったけど、このまま諦めるのも惜しい。

上記諸般の事情を考慮した上で、結論は一旦ストップして、試験半年前の気持ち・状況次第。

この試験は、ガチガチにやって、確実に合格を取りにいくものではない。
合格レベルにしておいて、自分の順番を待つ試験だと改めて思いました。

だから1年後の試験に備えて、今まで通り1日3時間やるのは違うかなと。
今年は約半年間で、合格レベル手前までは引き上げられました。
来年も同じ感じでやれば、次は合格レベルまではいくはずです。
毎年試験までに合格レベルまでにしておいて、勝負は時の運と割り切るしかありません。

とりあえず仙台移住もあるし、当面勉強コンテンツに頼る必要はありません。

年明けぐらいに、またやりたい気持ちになれば再び勉強を始める。
気持ちが乗らなかったり、他に時間を使いたいことが見つかれば正式撤退。

以上の運用でいこうと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記