ドキドキ 愛耶乃、
「ふん…???侑里、どうした~~???」

侑里、途端に後ろの愛耶乃に振り向いて、
「あっ。はっ。あ…。あははは。」
凛久を見て、そしてダニエルとルーシーを見て…。
「あ~~ははは。いえいえ、うん。なんでもない、なんでもない。」
そして愛耶乃の向かいの女性を見て頭をコクリと。
「失礼…しました~~。」

愛耶乃、
「ふん…???そっ。」
そしてまたその女性と共に…。

侑里、凛久に、
「えっ。え~~~~。じゃ、じゃあ…。」
小さな声で…、
「じゃ、なに…。成宮親子って…、田園調布~~???」

凛久、
「そっ。」

「ふ~~~ん。」
侑里、腕組みをして…。
「そう…、なんだぁ~~。ふんふんふん。」
そして、
「…でも、どうして…、茉祐子さん…???」

ダニエル、
「マユコハ、ホラ、ソコノ、アヤノトオナジ、ココノジョウレンキャク。…トイウヨリ、エクレールノ、セールスプロモーションノ…、ミンナ…、ココノジョウレン…。」

侑里、その話を聞いて、
「は~~。うんうんうん。そっか~~。確かに…、エクレール、ここの…すぐ傍…だもんね~~。」

ルーシー、トレイにオーダーを…。

「…デ、コノマエ、マユコとチアキガキタトキ、カエリニ、マユコヲキリシマニ、オクッテクレッテ、ボクガタノンダンデス。」

「な~るほどね~~。あ~~。だから…、茉祐子さ~~ん。」
そして侑里、両目をキョロキョロとさせて…。凛久を見て、
「ふふ~~ん。…で…???茉祐子さん…。どうなの…???」

途端に凛久、
「えっ…???え~~~???…いやいや。どうなの…って…???…言われても…。」

ダニエル、下唇をビロンと。目は真ん丸く…、
「フン。」

凛久、
「いやいやいや。」
小さな声で、
「ちょ~~っと、待ってくださいよ。…今…、僕~~。」

侑里、凛久に、
「あのね。霧島君。一言、言っておくけど…。…ある意味…、これ…、大事な事だよ。」

その声に凛久、
「へっ…???」

「いい。…今、あなた、社長から薦められている、ひとりの女性を紹介されて。」

凛久、頭をコクリと。

「全然、気が乗らない。」
「はい。」

「でもさ。社長の事だから、あなたがウジウジしてたら、ドンドン仕掛けてくるよ~~。」

その声に凛久、思いっきりしかめっ面に。

「だから。だからよ。」
「えっ…???」

侑里、凛久に体を向けて、
「ここで~~。霧島君、あなたに好きな女性がいる。…って~~、分かったら…どぅよ。」

凛久、口を尖らせて、目を真ん丸く。

「ちょ~~っとは…、ムード、変わるんじゃ…ないかしら~~。」

凛久、
「ん…。ん~~~。」

何かしら…煮え切らないような感じの凛久。

そんな凛久に侑里、
「あら。この期に及んで、何とも…、テンション上がらないわね。」

凛久、そんな侑里に、
「ん、ん~~。…って言うか…。…今、僕って…。何かしら…、いろんな人たちと、共に、触れ合いたいって感が…、強いんですよね~~。」

「触れ合いたい…???」

「うん。…ほら、前の僕って、物凄い、男ばっかりの環境で…。」
そして、クスクスと笑いながら、
「表現は悪いですけど…。傍から見たら、物凄いむさっ苦しい…って…、そんな感じ。そんな中からいきなり、今の環境…。」

侑里、口をぐんにゃりとさせながら…、
「うん。うんうんうん。」

「…で、今、僕の目の前に…。いる女性。…って言うか、現れる女性たち…。みんな、素敵で、奇麗な人ばかり…。その上、好きな人って…、言われても…。なんとも…気持ちが…着いて行かないって言うか…。」

その時、ダニエルとルーシーが、いきなり目を真ん丸く。

凛久、
「そんなときに、社長が…。そして…今度は…茉祐子ちゃんって…。」

「茉祐子が…どうしたって…???」

その瞬間、凛久も有里も、
「うわぁぁぁぁぁぁ~~。」

凛久と有里の間に、ヒョコンと愛耶乃。

凛久、思わずビクン。

侑里、瞬間両目を閉じて、右手を胸に、
「び~~っくりした~~~。もぅ~~~っ!!!!心臓に悪い~~。センパ~~イ。」

愛耶乃、
「ははははは。ごめん、ごめん。別に驚かすつもりじゃなかったんだけど…。何かしら、夢中に話し、してるから…。な~~んだろって…、思って。…それに、ダニエルもルーシーも真剣に聞いてるから…かかかか。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.123.   「あのね。霧島君。一言、言っておくけど…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋