PAK25_dotenisuwattemiagerusora_TP_V.jpg

7月上旬にコールセンターのバイトをして以来、1ヶ月超仕事をしていません。

お誘いはあったのですが、仙台でのアパート探し、オリンピック、1週間後の社労士試験勉強等もあり、バイトなんかやっている状況ではありませんでした。
最近は定期的にバイトを入れていたので、1ヶ月も空くなんて久々です。
たぶんここ1年は無かったと。

しかもバイトは入れないと決め込んでいたので、探すことも一切していません。
完全リタイアを疑似体験できたので、感想を残しておこうと思います。

結論から言うと、良かったけど、週1.5日バイトのセミリタイアとさほど変わるほどでもないって感想でした。

収入面を無視して比較すると、完全リタイア10、フルタイム労働1とすると、セミリタイアは9.5ぐらいのイメージです。

当然、完全リタイアのがいいのはいい。
適度に仕事をしたほうが、張り合いがあるみたいなのはありません。

ただ、週1.5日程度のバイト生活は、時間的・精神的に大して圧迫感はない。
完全フリーなこの1ヶ月で、めっちゃ自由がある感覚や開放感抜群とは思いませんでした。
この辺は、セミリタイア生活でも充分満たされているんでしょう。

今の生活に足りないのは、時間でも精神的ゆとりでもありません。
時間をより充実させるコンテンツです。

完全リタイアではなく、セミリタイアにすることで、0.5はマイナスになります。
しかし、バイト収入等を有効活用できれば、その0.5は逆転できる。
現状でも0.5は逆転できていると思うし、まだまだ改善の余地はありますね。

方向性は間違ってないと感じたので、あくまでもセミリタイアという枠組みの中で、ギラギラ感を持ってやっていこうと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記