前場の日経平均は急反発。週末・月末の特殊需給や投げ売りによる先週末の大幅安の反動にて寄り付き早々に27,500円台を回復すると、NY株先物の騰勢も追い風に一時27,773円(+489)まで上昇。東証主力株は概ね堅調。11:10時点で 9107 川崎汽船、9104 商船三井、9101 日本郵船など海運が大幅高となった他、5401 日本製鉄、5411 JFE、6701 NEC、6724 セイコーエプソン、6723 ルネサス、7735 大日本スクリーン、4205 日本ゼオン、6902 デンソー、2802 味の素などが前日比3%超上昇。

中小型株は 5702 大紀アルミ、3658 イーブック、6727 ワコム、8005 スクロール、4112 保土谷化学、6335 東京機械、4272 日本化薬、2778 パレモ、4075 ブレインズテック、4477 BASE、3936 グローバルウェイ、2370 メディネット、3891 ニッポン高度紙などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢 - テクニカル要因
NY株先物の騰勢や中国株の下げ渋りを背景とする先物での買い戻し主導の堅調地合い継続が本線。ただし、上値を追う材料にも乏しいだけに、引けにかけては10日線(27,676円)を割り込む27,600円付近までの軟化も念頭に。

■ 午後の戦略 : 戻り売り → 底打ち確認!
全体戦略としては10日線を意識した戻り売りを優先しつつ、「急落後、3日程度の騰勢確認」を中心とするテクニカルの底打ちサイン待ちへ。個別に関してもストレス玉の(株価を選びすぎない)ポジション縮小により柔軟性を高めながら、継続予定銘柄の小口逆張りスタンスを継続していきたいところ。

  (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 3891 ニッポン高度紙
勘助氏注力中。本日は先週末の好決算を受けて急騰。GS氏のトプコン(7732)も終値で1,600円台後半を維持できるようならまだまだ楽しみですね。


△ 1570 日経レバ 
先週末14,300円割れでの再戦後、今週も13,900円割れがあれば買い増しへ。先週の即転方針とは異なり、今回は目先の多少の上昇(≒ 15,000円以下)は利確見送りがおススメ。


では 午後もよろしくお願いします。

    

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
       

Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆