セミナーの振り込み期限わかってます?w

こんにちは。

先週の金曜日にワクチン打ってきたわけですが、

なんですか?w

ワクチン打ちますとブログで書いたら反ワクチンの人がこぞってコメントぶち込んできましたよww

皆さん狙いを澄ましてわざわざ非公開コメントでぶち込んで来るってことはロボット入力でもなくわざわざ手打ちでコメントくれたんだと思いますが、ワタクシだって自分の身体に異物突っ込むにあたりそりゃ念入りに調べて「打つ打たない」を天秤にかけて「打つ」を選んでるので打つなと言われても無理ってもんです。(どんな偉い人か知りませんがそもそも見ず知らずの人の意見なんざいちいち聞き入れるワタクシではございません)

ちなみに2回目のワクチンですが1回目より痛くもなく熱も出ることもなく終わってしまいました。(これが年齢の壁なのか?ww)

1回目より2回目の方が副反応がキツイと聞いてたので戦々恐々な気持ちで打ちましたが、今回の2回目にあたり水分を余計に取っておいた方がいいんじゃねーかと思い朝からポカリをがぶ飲みし接種直前までグビグビやってました。

考えるにどうもこれが良かったんじゃないかと思いますが、体が水分でむくんでる分筋肉注射も1回目と比較にならないレベルで痛くもなく(ホントに針が刺さってるって感覚も無かったですw)腕の痛みもちょっとはありましたが翌朝にはまったく痛くなくなってました。

自分の経験でしかないので何とも言えませんが接種の時なんて他に対策も無いですからせめてこの水分マシマシ作戦はやってみてもいいんじゃないかと思います。(あらかじめ左腕をモミモミしても痛いものは痛いそうですしw)

さて、そんなわけで今週からとうとうオリンピックが開催されます。

コロナであまり外を出歩いてないのでよく知らなかったのですが都内はすでに厳戒態勢が敷かれているようで駅にも昨日くらいからやたら警察官の姿がちらほらしてました。

ワタクシは五輪開催を歓迎するでも反対するでもない派なので社会生活で迷惑かけなきゃなんでもやればいいじゃんと思ってますが、こういう時に限って仕事が忙しくなったりするもんです。(えぇ、、今回もなぜか契約3つ4つ抱えて泡吹いております。。)

それもこれもあれほど閉まったといわれる融資事情のせいでございます。

確かに融資が厳しいって部分もありますが世間にバラまかれたコロナマネーは強烈で普段不動産投資なんて絶対興味ねーだろって人がキャッシュ抱えて買いに来てます。(3億、4億の物件をポンポン買っちゃう勢いってここ数年なかったので驚いてます)

また最近は株価高騰で大儲けした人がいったん換金して不動産を買うって動きになってます。

去年の狼セミナーでもこのコロナバブルのお金が市中に出回れば、、、なんて話をしたかと思いますが、ワタクシが想定していたのはもっと低い水準でよもやここまで貧富の差が激しくなるとは思っていませんでした。

そんなことがあるからなのかわかりませんがワタクシのTwitterが鍵垢にも関わらずどこかで噂を聞いた株クラスタの人がフォローリクエストしてきてるうえに、こっそり次回のセミナーにも申し込んでるようでございます。。(今回は聞きなれないお名前の人がめちゃめちゃ多いのでさらに旅団の世代交代を感じてますw)

そんな方もこのブログ見てると思うので書きますが、せっかくキャッシュリッチになって現金突っ込んで投資不動産を買うのでしたら土地値と賃料のバランスが取れてるエリアを検討するようにして欲しいです。

最近、闇雲に都心の好立地が欲しいと相談される方がおりますが貸せる家賃と言うのは上限があってその家賃に見合わないレベルの土地値の物件を買ったところで換金時に建物が載ってると土地の自由度が狭まってしまい思った売値で換金出来ません。(更地価格と建物の載ってる価格は違うんです)

かと言って東京都なのに誰も読めない地名(要するに低知名度のエリアですねw)のところを買うと換金時に欲しいと思う人が多くないので思ったような売値になりません。(新築物件でも載ってれば高値にならなくもありませんが築40年クラスの物件が載ってるとホント融資も付かないので換金率悪くなっちゃいます)

現金で買うから容積オーバーな違法建築でも買えなくはないしそんな物件であれば利回りも高いでしょうからついつい手を出しそうになると思いますが、こういう形で現金を手にした人は出来るだけ将来の換金性をよーく考えて買っていただきたいと思います。

また最近株式投資と不動産投資を同じ土俵で比較する記事を書いてる人が多いようですが、これはちょっと騙し系の不動産業者や不動産コンサルさんの常套手段ですのでご注意ください。

何度もこのブログでは書いてることですが不動産屋と言うものは自社HPでどんなに素晴らしいことを書いてても「不動産の変な知恵がつく前に物件を買わせたい(嵌め込みたい)」と考える生命体です。

例えばですが、
「不動産投資は信頼できるプロフェッショナルなパートナーと組むべき」って論調で集客してる業者さんがいたところでそれはあくまでも会社の方針であって毎月売上ノルマを抱えた末端営業マンはそんな話を愚直に信じてたら3か月程度でクビになっちゃいます。

会社も売り上げが上げられない営業マンをいつまでも飼っておくわけにもいきませんからいつの間に信頼できるプロフェッショナルなパートナーはサバンナで生きる飢えたライオンになって風下からそっと接近してきたりするもんです。

ここのブログの古参読者であればその気配を察してさっさと逃げ出すことも出来ますがここの見分けがつかない不動産投資初心者の人は不動産投資の入り口の遥か手前で捕まってしまい妙な物件を掴まされ最後は管理でチューチュ養分を吸われる運命を辿ります。(困ったことにここまでやられても信頼できる不動産屋さんだって思いこんじゃうのでここからの解脱は難しいです)

ブログの冒頭で「ワタクシだって自分の身体に異物突っ込むにあたりそりゃ念入りに調べて「打つ打たない」を天秤にかけて「打つ」を選んでる」と書きましたが不動産投資を始める時もまったく考え方は同じで賛成派反対派の意見を両方聞いて天秤にかけて自分はどう進めばいいかを自分で念入りに調べ尽くし自分でジャッジしていただければと思います。(ここで一番言いたいのは「調べ尽くし」でございます)

これさえ出来てればすでに現金持ってるだけアドバンテージですのでそうそう負けるはずもございません。(この時点でミドルリスクミドルリターンからローリスクミドルリターンの投資に変えることが出来ちゃいますw)

そんな調べ尽くすって方法ですが、、そんなに難しくもありません。

ネットに出てきた固有名詞を見つけた順に検索エンジンに掛けてその固有名詞の過去を調べるだけです。(えぇ、、不動産投資本を100冊読破するなんて苦行やるよりこっちの方が数倍早く身に付きます)

これを半年くらいやってれば点と点だった固有名詞が繋がって全体像が見えてきて何をやったらダメなのかが先にわかるはずです。

不動産投資はどうやって始めるかより先に何やっちゃいけないかと知る方が成功率が高いので「とりあえずなんか買って始めてみよう」ではなくここを先に理解してからスタートする方が10年先、20年先の結果がまったく変わってくるものです。(かぼちゃだってほんの数分ググってればあんな酷い目に遭うわけも無かったんですよw)

えぇ、、
コロナなんて一生に一度あるかないかの確変モードなんですからもっと上手にやりましょうよって話をダラダラと買いてみましたがホントあれです、

株式投資と不動産投資を横並びで比較して不動産投資が俄然有利なんて説いちゃう人に付いて言っちゃダメですからねwww(高確率で寝首掻かれますよww)


適当に更新しようと思ったけどついつい熱くなっちゃったんじゃんw
Source: 狼旅団の地下に潜った不動産ブログ(開店準備中