ドキドキ 朱莉と和歌葉、凛久と名刺交換をして…。

 

凛久、

「あっ。榛名課長。」

 

迅、

「あっ、はい。」

 

「宇治川本部長…、今は…???」

迅、凛花の顔を見て、

 

「宇治川は…今…、出掛け先で…。3時頃には、戻ると思うんですけど…。」

 

凛久、

「…そう…ですか~~。」

腕時計を見て…。

 

凛花、

「どうか…しました…???霧島さん…???」

迅を見て…。

 

迅、笑顔で顔を傾げて…。

 

凛久、

「あ~~。いえ…。」

そして目をキョロキョロと…。

「あっ。いや…。実は~~。」

 

凛花、迅を見て…。

 

迅、また顔を傾げて、

「…???」

 

「近くに…。お店…ありますよね。洋食屋…。」

 

スタッフたちは既に仕事に就いている。

 

凛花、

「あ~~。はい。エトランゼ…ですけど…。」

キョトンとさせて…。

 

「あの…。不躾なんですけど…。お店に、私を…、紹介なんて…。出来ないかな…、と、思って。宇治川本部長と…、何かしら、所縁があると…、言う…。」

 

その声に凛花、笑顔で、

「あ~~~。」

凛久を見て、

「そういえば…、以前…、4人で、エトランゼ、行きましたもんね~~。茉祐子と勇吾連れて…。」

 

凛久、照れるように、

「えっ、えぇ~~。」

 

迅、

「はいはい。うん。いいですよ。」

 

凛久、

「えっ…???いいんですか…???」

 

「もちろんです。…なんなら…、今からでも…。」

 

凛花、

「うんうんうん。」

 

凛久、

「えっ…???うそ…。いやいやいや。ありがたいなぁ~~。」

 

迅、

「ははは。いえいえ。…じゃ、今から…。凛花…???」

 

凛花、

「えぇ。構いませんけど…。」

 

そして迅、

「茉祐子~~。」

 

茉祐子、いきなり声を掛けられ、

「あ~~。はい。」

 

凛久、

「えっ…???」

 

迅、

「茉祐子~~。今…、出れる…???」

 

「あ~~。」

茉祐子、右左見て、

「あ~~。はい。大丈夫です。」

 

「エトランゼに付き合え。」

「はい。えっ…???」

 

「エトランゼに、霧島さん…、紹介する。」

「あ~~、はい。分かりました。」

 

「おまえがナターシャとの取材経験、先発だったからな~~。」

 

その声に千晶と巴も、

「うん。マユ、行っといで。」

「うんうん。」

 

茉祐子、

「あ~~。うん。じゃ。」

 

 

 

部署を出ていく4人。

 

茉祐子、凛久を見て笑顔で…。凛久も笑顔で応える。

 

 

ビルのエントランスで迅、

「午前中に羽田さんから宇治川に電話…ありましてね。」

 

凛久、

「えぇ…。」

 

「成宮親子。バレたとか…。」

 

いきなり茉祐子、

「わっ!!!」

 

凛花、茉祐子を見てにっこりと…。

 

茉祐子、顔をくしゃりとさせて…、

「あっ、あ~~。」

 

凛久、

「あらあらあら。」

 

迅、

「なにやら…昨日…。」

 

凛久、頭を掻いて、

「えっ、え~~~。はははは。…羽田さんから…連絡…ありました…か…。」

 

迅、

「茉祐子~~。昨日…、何やら、お楽しみがあったとか…。」

 

茉祐子、いきなり赤面になり、

「あっ。あ~~。はははは。」

 

「…で、実は…、そのエトランゼのマスターもママも…、成宮薫子の大ファンなんで…。その薫子先生の…、血は…繋がってはいないけど…、その娘と言うことで…特に茉祐子、マスターとママから、えらい可愛がられてるんですよ~~。」

そして迅、

「それは…そうと…、エトランゼと宇治川が…所縁があると…。」

 

凛久、

「えぇ…。実は…羽田さんから…、聞いて。」

 

凛花、

「あ~~、な~~るほどね~~。」

 

 

 

 

エトランゼのドアを開いて…。

 

ルーシー、

「イラッシャイマセ~~。ハイ、ジン~~。リンカ~~。ハハ、マユコ~。」

 

迅、ルーシー手で合図、そしてダニエルにも。

 

ルーシー、茉祐子を抱き締めて、

「マユコ~~。」

 

茉祐子、

「ルーシー~。ふふふ。」

 

テーブル席は殆ど埋まっている。

 

迅、カウンターに凛久を…。

 

ダニエル、

「イラッシャイマセ。」

 

迅、

「店主のダニエル。ダニエル・モーガン・ムロイ。」

 

ダニエル、

「ハジメマシテ。ダニエル・モーガン・ムロイトモウシマス。」

 

迅、そして、

「ルーシー。」

ルーシーをカウンターに呼んで…。

 

ルーシー、

「ハイハイ。」

 

「ルーシー・モーガン。」

迅、

「ウェイトレス兼シェフ。…まっ、どちらもシェフ…なんだけど…。」

 

凛久、ふたりにお辞儀を…。

「初めまして…。」

 

 

 

 

薫子と茉祐子~その愛~   vol.76.   凛久、「あっ。榛名課長。」

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

アメーバ

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋