OOPAKU6485_TP_V.jpg

僕は10年以上筋トレを続けてきて、今もジムで週4やっています。

最近筋トレ人気が高まってきているように感じ、そのメリットの1つとして、自信を持てるようになると言われます。
僕もこれについては、感じることがありますが、自信と言ってもややボヤッとしている。
あくまでも僕の感覚ですが、自信について具体的に説明したい。

筋トレで身につく自信とは、「最悪シバいたったらええわ」と思えることだと認識しています。

以前はこんな発想になることはありませんでしたが、筋トレで成果が出てくるとちょいちょい思うようになりました。

もちろん、現代社会で喧嘩する場面なんてありません。
原理的には、フィジカル的な強弱なんて関係ないような気もします。

しかし、「いざとなったら勝てそうなのか?」って深層心理は、この時代でも重要だと思います。
純粋な正誤で判断でき、少なくても相手の勢いに圧倒されることがありません。
「最悪シバいたったらええわ」って言う後ろ盾があるので、臆する必要はない。

特に、30代後半にもなってくると、同世代がフィジカル的に劣化してきます。
メタボチックになったり、ただただヒョロかったり。

そんな中、僕は筋トレで維持・向上できている。
相対的な優位さが、どんどん高まってきます。

40・50代になるにつれて、より筋トレの価値が上がっていきます。
趣味と実益を兼ねて、頑張っていこう。
Source: Time is money  キムのお金日記