PXL_20210617_070542806.jpg

今日、札幌市中央区役所から令和3年度国民健康保険納付通知書が届きました。

結果は、以下の通り。

PXL_20210617_060527732.jpg

PXL_20210617_060535521.jpg

PXL_20210617_060552523.jpg

国民健康保険料(国保料)は、前年所得によって決まります。

昨年は、給与が702,246円で、給与所得控除55万円を引くと152,246円。
その他のブログ収入等は、全額経費で落として0円。
配当金も、住民税や国保料上ではカウントしない申告をしているので0円。
確定申告&市申告通りに、認定されていました。

よって所得金額152,246円で、これは基礎控除43万以内なので、国保料は最安値となります。
市町村によって少し率が違うのですが、札幌市の40歳未満(介護保険料なし)の場合は19,320円となりました。

僕は、国保料通知をセミリタイア適正検査結果通知と読み替えています。

最安値の国保料通知を、気分良く受け取れた場合は、セミリタイア適正検査に合格。

低収入でも何ら違和感なく、むしろその状態を誇らしくすら感じていると言うことですからね。
まさにセミリタイアの趣旨に合致します。

ちなみに、昨年に続き2年連続での合格。

前年所得で国保料が決まる関係で、退職後に初回合格判定までの期間は早い人でも1年半。
この期間が1番のハードルですが、昨年無事突破して、今年も引き続き合格することができました。
2年目のジンクスも、関係なしと言ったところでしょうか。

しかし、スポーツの世界でも3年続けて初めて1流と呼ばれます。
そして5年連続で超1流。

しかも今年は、仙台移籍を予定しています。
移籍後も変わらずにプレーし、3年連続でセミリタイア適正検査に合格して、1流の仲間入りを果たせるように頑張ります!
Source: Time is money  キムのお金日記