レジにてややこしい事がある。
それは、デザインが変更した新札の5ポンド紙幣、10ポンド紙幣&20ポンド紙幣のうち、20ポンド紙幣のみ旧札でも未だ使えるというルールを、同じ国に住み同じニュースをみているはずなのに知らない人がいて、「使えない」と言うと激怒する客がいまだにいる事である。

毎度「20ポンド紙幣のみ旧札でも使えるんですけどね」というと、100%「何で?」と私に聞く。
知らん!!政府に聞いてくれ・・

旅行者が増え、昨日はやたらとアイルランド紙幣がレジの中に目立った。
前日に来るはずの銀行の人が来ず、イングランド紙幣が事務所の金庫に足らなくなり、仕方なく客への釣り銭は「申し訳ないんですがアイルランド紙幣しか今は無いんですが・・もちろん、これもお金ですから使えますので・・」と付け加えながらとなったが、ほとんどの人が嫌がる。
「もらってもしょうが無いじゃない!」と怒るババア・・

そんな時「どこにお住まいですか?スコットランド?だったら使えますから」と補足するも、ババアは拒否した。
仕方なく、ババアを待たせて「ちょっと近くのスポーツ用品店で両替を頼んできますので、少々お待ちください」と出て行かねばならないが、今は2人体制でやっているため、私が店をあけるとスタッフ1人になってしまう。

日本ならその辺の銀行に両替に行けるのであるが、うちの会社は各店舗から両替に行ってはいけないシステムで、24時間前までに担当の銀行に両替を申し出て、それを銀行の人が持って来るという厄介なシステムである為、観光が盛んな月になると、稀にこんな事が起こる。

紙幣が統一されていないからややこしい。
そしてそれを拒否する人がいるからややこしい。
カーライルはイングランドであるが、車で5分も走ればスコットランドに入る為、この辺の人達はスコットランド紙幣とイングランド紙幣の両方に慣れがあるが、そうではない環境の人はやはり嫌悪感を丸出しにしてしまう。
カーライルで仕事をして14年、ずっとこの問題に引っかかる。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記