ドキドキ  薫子、
「あ~~~。霧島さ~~ん。」

凛久、
「へっ…???…あっ、いやいやいや。…別に…何も…。」

薫子、
「私…、成宮先生。あっ、私の料理の師匠、朱里って言うんですけど。」

凛久、
「えぇ…。以前、お聞きしました。」

「育てられた~~。」
「ふ~~ん。」

「そして、その旦那様の…、かか、私の旦那様でもあったんだけど…、成宮優希弥。可愛がられた~~。」

凛久、
「……。」

「だから…かな~~。今住んでる家…???」
「えぇ…。」

「守って行かなきゃって…。」

その声に凛久、
「そっか~~。」

「まっ、それに、守るものは…。あはっ。もの…じゃないんだけど…。守っていかなきゃならない…人も…いるし。」
「人…???」

「ふん。人。私の師匠と旦那様の可愛いひとり娘。」

凛久、幾分背中を椅子の背もたれに…、
「へぇ~~。」
そして凛久、少し考えて、また体を起こして、
「へっ…???…もしかして…、成宮先生に…子供…???」

その声に薫子、
「かかかかか。ざ~~んねん…、私には子供…いないのよ~~。」

「おっと~~。」

驚いたような凛久の反応に薫子、
「あ~~。その顔は~~。当然、子供のひとりやふたりは…いるって顔~~。」

その声に凛久、思わず、困ったように右手を振って、
「あっ、いやいや…、そんなことは…。」
と、言いながらも、顔を歪めて、
「かか、分かりました…???」

薫子、にっこりと、
「ふん。顔に書いてある。」

凛久、
「おやおや。」

そして食事も終わり…。

凛久、
「ん~~。美味しかったですね~~。」

薫子も、
「うんうん。まさか…、こういうお店があるなんて…。ねぇ~~。」

「成宮先生と一緒に食事なんて…。いいご褒美です。ありがとうございます。」

そんな凛久を見て薫子、
「いえいえ。」

そして凛久、伝票に手を…。

瞬間、薫子、
「き~りしまさ~~ん。」

凛久、
「はい…。」

「女に…恥をかかせないでください。」

その声に凛久、
「はい…???あ、あ~~。」

薫子、口を真一文字に、
「私が…霧島さん…誘ったんですから~~。」

凛久、
「あ、いや~~。」
頭の後ろを撫でながら、
「そうでした~~。はい。申し訳ございません。」
薫子に頭を下げるように…。

その表情を見て薫子、

「かかかか。な~~によ~~。そんなに頭を下げられたら、こっちが困る~~。」

 

凛久、
「はははは。いや。はい。とにかく、ご馳走様でした。ありがとうございます。」

薫子、店を出ながら、
「いえいえ。でも…、また…機会がございましたら…、今度は…、お願いしようかしら。ふふん。」

凛久、その声に笑顔で、
「はいはいはい。歓迎です。その際には、しっかりと…ご馳走させていただきますよ~~。」

「ふふん。期待しております。」

そして帰宅して薫子、
「ふん。まだ、茉祐子は帰ってない。千晶ちゃんたちと食事ってね~~。」

ひとり、シャワーを浴びてリビングに。そして冷蔵庫から缶ビールを…。
そしてリビングのテーブルの上にあるナターシャの8月号、自分の特集ページを…。

読みながら、
「うんうんうん。なかなか良く書けてる。」

全部読み終えて、最後の編集者の名前を見て、
「霧島…凛久…かぁ~~。」
自然に、傍らのスマホを取り、スケジュール帳の中に差し込んである2枚の名刺を抜き、
スマホに登録。
「羽田…侑里。……。と~~。霧島…凛久…。……。と。うん。」

その30分後に茉祐子、帰宅。

「ただいま~~。」
そしてリビングに…。
「ふ~~。あのままいたら…午前様になっちゃう…。かかかか。」

そんな茉祐子に薫子、
「なになに、上機嫌ね~~、はははは。」

「な~~んか…、訳分かんないんだけど…、勇吾が上機嫌で…。みんなにサービス旺盛~~。」

薫子、
「あらら、まあ。」
そして薫子、
「確か、勇吾君と茉祐子ちゃん、親戚同士って…、会社の人たち…、知らないんでしょ、まだ…。」

茉祐子、顔を傾げて、
「ふん。…多分…。まだ…、本部長と課長以外は…。知らないはず~~。…あっ、ライチ~も知ってるか。」

「かかかか、千晶ちゃんはね~~。うんうんうん。分かる分かる。」

薫子と茉祐子~その愛~   vol.43.   「今住んでる家…、守って行かなきゃって…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋