7月3日に友人の結婚式が行われる。
6月21日から人数無制限で結婚式が出来るようになるため、友人は待ちに待った結婚式を楽しみにしている。
息子がページボーイ(結婚式の引き立て役。新郎新婦に近しい子供が担当)という任務を任されているため、週末に衣装を調整した。

いよいよ順調にロックダウンが緩和され、信じられないが通常の生活に戻るのか~と思っていた矢先・・インド型という強烈な新型がイギリスに入って来たため、もしかしたらこの6月21日の緩和日を延長するかも知れないよと首相が言った。
5日に520人だったインド型感染者が12日には1300人を超えたため、もしもこの勢いで広まったら・・という事である。

仲良しのインド人ママに「実家大丈夫?」と聞いてみたが、彼女の実家は裕福なため、医療機関やベッド、酸素が使えないという事はないので安心との事だった。
貧困層と裕福層でその辺、事情が違うようである。

式場のホテルも予約済み、ドレスも靴も美容院も準備万端、あとは感染者の数字でどう決まるのか、もう本当にギリギリである。
これで延期になった場合、じゃあ来月にというわけにいかない。
この結婚式は2年前から予約してのこの日なのである。
他のカップルだって待っており、一から仕切り直しになったらいつになるのか分からない。

私の勤める店でもクリスマス前にお客様が買った商品で、その後ロックダウンに入った事により使わなかった商品の返品が4月12日から後を絶たない。
年末年始のパーティや結婚式で使うはずだったものの返品である。
もうお金が底を付いた企業は今からマイナスを埋めて行かねばならないが、返品からスタートしているため、本当にギリギリで立っている状態だと思う。

インドのニュースを見ながら、イギリスはこれから通常生活にもどりつつある(予定)。
本当なのだろうか・・と不思議な感覚になる。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記