現在進行系の阿寒湖温泉でのリゾバ。
前回の体験記に続き、2日目夜~5日目昼までを書いていきます。

仕事は、概ね順調です。
最初は布団をしまう向きやシーツを敷く手順が分かりませんでしたが、何度もやっている内にだんだん馴染んできました。

ペアの方曰く、「だいぶ慣れましたね。仕事覚えるの早いと思いますよ。3月に来た大学生の子は、最後まで手間取っていたので」と。
もちろん、ペースは全然遅いのですが、1週間限定バイトとしては及第点ではあるようです。

バイトの合間には、散歩に出掛けます。
先日雪が降ったので、雪化粧された雄阿寒岳が綺麗でした。

20210501_124108.jpg

普通にシカがいたり、阿寒湖で有名なマリモやヒメマスも見てきました。

20210501_121149.jpg

20210501_120203.jpg

社食も相変わらず充実しています。
餃子にカレーにザンギ。

20210430_170628.jpg

20210501_111433.jpg

20210502_120839.jpg

名物ではありませんが、ペアの方オススメの中華屋に行って、あんかけ焼きそばも食べてきました。

20210503_132549.jpg

とまあ、充実したリゾバ生活です!と言いたいのですが・・・
3点ほど問題も出てきました。

①大学生のバイトの子にマウント取られがち

いつもは社員の方とペアになって仕事をするのですが、業務の都合上、別の方と仕事をすることになりました。
僕と同じくGWのバイトで来ている大学生の男の子です。

各ペア毎に微妙にやり方が違うみたいで、いつものやり方でやろうとしたら、「あ、こうやりましょう」と提案。
「はい」と従ってしまってことで、マウントを取られたかもしれません。
「いや、こっちのがよくないですか?」とか「すいません、先に袋に入れといてもらっていいですか?」と常に彼主導で進んできました。

一回り以上、年下の人にもナメられると悲しくなりますね・・・

②応援業務が多い

事前に聞いていた話では、基本は布団の片付け・布団敷き。
でも朝は、食事会場の応援に入る予定とのことでした。

しかし、蓋を開けてみると、夜もガッツリ応援に入る。
応援の時は、足りないところをやるので、毎回やることが変わってやりにくい。

また、下げられた食器ワゴンの仕分け作業があります。
食べ残し、お箸やおしぼりの袋等を仕分けして、洗い物がしやすくする仕事。
残飯処理で、「あれ?なんで5,000万円持ってるのに、こんなことやってるんだ?」と変な疑問を持ってしまいました。
しかも、ケチャップが思いっきりスラックスにかかってしまい最悪でした。

③かなりしんどくなってきた

特に布団の上げ下げは肉体労働で、4日目ぐらいで体力的にしんどくなってきました。
普段筋トレやジョギングはしていますが、仕事の体力は全く別。
いつもと違う動きなので、筋肉痛にもなるし、腰も痛くなってきました。
セミリタイアの老体に、6連勤は堪えますね・・・

リゾバの前にも、バイト&旅行でスケジュールが詰まっており、疲れが溜まっているのかもしれません。
体調も悪くなってきました。
熱はありませんが、喉が痛く、体が重く、頭痛も少し。
単発バイトなら、普通に休みたいレベルです。

愚痴が多くなりましたが、残り1日半なので、気合いでやり過ごして、トータルでいい経験できたと言えるようにしたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記