ドキドキ 応接ブースに侑里と凛久を茉祐子。

侑里、
「ありがと。」

茉祐子、
「羽田さん、ご無沙汰しております。」

侑里も茉祐子を見て、
「ねぇ~~。」

勇吾は黙って座ったままで…。

侑里、
「こちら、霧島さん。」

茉祐子、
「はい。」
凛久にお辞儀をして…。

「実はフリージャーナリストなの。」

茉祐子、その声に、
「フリー…???」

勇吾も目をキョトンと。

「だったんだけど~~。ウチの編集長から、散々ウチに来るようにって薦められてたのをようやく…。…で、晴れて先月。ナターシャに。…で、私が今取引先を一緒に回ってるって訳。…でもって…、どうせなら、いっそのこと、今の時点で、霧島君自身が目を付けている素材もドッキングさせよう…ってことになって…。」

茉祐子、侑里の話に何度も頷きながら…。

「…で、今回は、ほらほら。エクレールの夏からの…新しいの…。」

茉祐子、
「はいはい。アイリーン。」

「あれは…もぅ…、既に雑誌社…、決まってるでしょ…。」

茉祐子、勇吾を見て、
「えっ…、え~~。まぁ…。」

「だから~~。私たちは…、ひとつ、角度を変えて…。」

茉祐子、
「角度を変えて…???」

侑里、
「うん。」

30分後…。エクレールを出る侑里と凛久。

侑里、エレベーターの中で、
「どぅ…???エクレール…???」

凛久、
「えぇ…、気に入りました。いろんな素材…あるような…。」

「そっ。気に入ってくれてうれしい。」

「ここって…???」
侑里を見ながら凛久。

「うん。本部長の宇治川愛耶乃。彼女、私の大学時代の先輩なの。」
「へぇ~~。」

「凄いよ、彼女。」

その声に凛久、
「ん~~???」

「おとうさんがドクター。」
「ほぅ。」

「…で、小学5年の時に、おとうさんの都合でアメリカのテキサス州…。」
「はい…???」

「そこのヒューストンで、高2まで…、生活してたって…。…で、日本に帰ってきて…高校に編入。…でもって、大学に…。」

その話に凛久、
「なになに、思いっきり帰国子女じゃないっすか~~。」

ピルのエントランスを出て外に…。

侑里、
「ふん。そう。…でも、まっ、お医者さんのおとうさんの後は継がずに、メイクリストを目指したかったんだって。」

凛久、
「へぇ~~。」
そして空を見て、
「うんうんうん。なんだか…分かるような気がする。」

「ふふ。でしょう~~。綺麗だもんね…。」

その侑里の一言に凛久、目をキョロキョロと…。
「あっ、いや…。」
咄嗟に。

「…とは言え、既に、既婚者ですから…。かかかか。」
笑いながら…。

凛久、
「羽田さ~~ん…。なんか…、勘違い…してません…???」

その声に侑里、
「はっ…???」
右目を歪めて…。

すぐさま凛久、思い切り息を吸って、
「ふん。いいえ…。」

侑里、
「よろしぃ。…でも、いざ、メイクリストになる…。専門学校に通って…。いろいろと…。おとうさんとおかあさんにも言われたんだって。おまえほどの成績で…、なんでまた…大学以外の専門学校に…。もう少し、考えたらどうだって…。」

凛久、
「へぇ~~。」

侑里、続ける。
「…で、あれこれ考えて、悩んだ末に…。当時、なんだっけな~~。物すごいバカ売れした化粧水があったの…。テレビでも雑誌でもめちゃくちゃ取り上げられて…。…あれが切っ掛けじゃなかったかな~~。私決めたって…。私にメールよこして。化粧品会社にするって…。」

凛久、
「ほぅ~~。…で、ここ、エクレール…???」

侑里、その途端に頭を右左に振り、左手をひらひらと、
「いやいやいや。」

「へっ…???」
「いやいやいや。そこの化粧品会社…、今…、日本に存在しないわ。」

「はい…???」

「愛耶乃…、半年でその会社…辞めた。…で、次に、いろいろと調べて、ここなら…と、思って入った会社が~~。」
侑里、
「振り返って、エクレール。…ふふん。いい会社だよ~~。さすがは愛耶乃、トントン拍子に本部長。しかも、社員にも愛されてるも~~ん。」

凛久、
「へぇ~~~。」

薫子と茉祐子~その愛~  vol.7.  「ふふ。でしょう~~。綺麗だもんね…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋