ドキドキ 仏壇の前に座り、両手を合わせて、
「行ってきます。…っと。」
キッチンに寄り弁当を手に。そして応接間に寄り、
「おかあさん、行ってきま~~す。」
茉祐子(まゆこ)。

「は~~い、行ってらっしゃい~~。ふっ、ふっ、ふっ。」
ジョギングウェア姿でフィットネスバイクを使っている薫子(かおるこ)。

茉祐子、
「相変わらずだね~~。」

薫子、茉祐子に向かって、
「ふっふっ。」
右手を振って。

茉祐子、
「はいはい。行ってきます。」

薫子、
「あ~~、茉祐子ちゃん、今日…遅くなる~~???」

その声に、
「ん~~。大丈夫…だとは…思うんだけど…。遅くなるとき、電話するから…。」

薫子、
「ふっふっふっ。オッケー。」

茉祐子の自宅から最寄の駅から勤務先の、「エクレール」化粧品メーカーまでは凡そ40分。
都心のビル、明応ビルディングの5階と6階にある。
その5階の営業部、セールスプロモーション部が大学卒業から入社した勤務先である。

成宮茉祐子(なるみやまゆこ)26歳。
部署に入り、
「おはようございま~~す。」

「おはよ、マユ。」
茉祐子の同期、渡会千晶(わたらいちあき)。

「おはよ、ライチ~。相変わらず早いよね~~。」

その数分後には、
「おっは~~。」
茉祐子の一年先輩の一ノ瀬和歌葉(いちのせわかば)。

そしてこの年の4月から他の部署から配属されてきた来栖巴(くるすともえ)、
「おはようございます。」

それぞれが挨拶をしながら部署に入ってくる。

そこに颯爽と歩いて部署に入って来た宇治川愛耶乃(うじかわあやの)。
営業部、セールスプロモーション部の本部長である。

「では…、始めますか。」
椅子から立ち上がり、愛耶乃に一礼をしての榛名迅(はたなじん)、
セールスプロモーション部の課長である。

「はい、みんな、おはよう。」
愛耶乃。
「さぁ~~。今日は、夏に向けての新商品、アイリーンのお披露目イベント。しっかりね~~。」

セールスプロモーション部一同、その声に、
「はいっ!!!」

アイリーンとは、オールインワン化粧品のひとつ。
2年前に、ある研究から、企画開発されて、何度も検討し、その都度研究も繰り返し。
そして試験も繰り返し、その後、モニターでも、「これなら…。」と言える、
「エクレール化粧品」の新商品である。

「よ~~し。やっちゃいますか~~。」
威勢よく張り切る千晶。

「ふふん、期待してるよ~~。」
茉祐子。

方やこちら、薫子、
「さて。私も…そろそろ~~。」
成宮薫子(なるみやかおるこ)34歳。

実はこの薫子、茉祐子の母親である。茉祐子の8つ年上。
料理研究家である。そして趣味がフィットネス。

着替えを済ませ、こちらも仏壇の前に座り、両手を合わせて、
「パパ、行ってきます。」

9時にはテレビ局、スタジオ入りである。

「エクレール」のイベント会場、午前10時から開始され、
滑り出し上々、多くの人々が会場入り。

テレビ局でも、簡単な打ち合わせから番組の段取りを熟していた。

成宮親子。母と子のふたり家族である。
そして、この成宮家の仏壇には、ふたりの写真が飾られてある。

午後6時、イベントも終日盛況、茉祐子、スタッフたちと一緒にエレベーターで1階まで。

こちらも番組が全て終了。
テレビ局から真っすぐ、茉祐子の勤務する会社が入っているピルのエントランス。

スタッフたちと歩きながら、エントランスのベンチに座っている薫子を見つけ、
「わあ、おかあさん。」

薫子もその声に、
「はい。茉祐子ちゃん。」

その時、一緒にいる巴、その女性を見て、
「えっ…???…おかあさん…???うそ…。」

そんな巴に、一緒にいる千晶、
「あっ、そっか~~、来栖ちゃん、マユのおかあさん、見たこと…ないもんね~~。」

薫子、
「はい。千晶ちゃん。」
千晶ににっこりと…。

千晶も、
「は~~い、こんにちは~~。薫子さ~~ん。」

巴、
「か…、薫子さ~~んて…???茉祐子…の…、おかあさん…???」
頭の中で、
「…って、あまりに…、若くない…???」

薫子と茉祐子~その愛~    vol.1.「おかあさん、行ってきま~~す。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋