riv0062-004.jpg

2019年のお盆に行って気に入ったので、定番化したかったリゾバ。

リゾバ体験記(前日~1日目昼)
リゾバ体験記(1日目夜~3日目昼)
リゾバ体験記(3日目夜~5日目昼)
リゾバ体験記(5日目夜~最終日7日夜&総括)
リゾバ体験記(阿寒湖観光)
リゾバ体験記(釧路観光)
リゾバ体験記(決算)
リゾバ決算最終報告

コロナの影響で、2020年は全滅。
今年も厳しいかなと思っていましたが、GW約1週間の短期リゾバが決定しました。

決まったのは、再び阿寒湖温泉。
しかも前回と全く同じホテルで、この時期の道東は普通に寒い。
前回無料で食べ放題だった食事が1食250円になるなど、若干不本意ではあります。

それでも応募したのは、選択肢が少なかったのと、以下のメリットがあるためです。

①1流ホテルの客室に泊まって、温泉も利用できる

前回は、宴会場みたいな所に布団を敷いていました。
今回はなんと、客室があてがわれるみたいです。

1流ホテルなので、調べてみるとGW時期は1泊2食で2万円ぐらい。
豪華食事は食べられませんが、景観抜群の温泉はタダで利用できるので、1泊1万円ぐらいの価値はある。
交通費支給で、1流ホテルに1週間滞在できる機会はなかなかありません。

②時給がUPしていた

食事は有料になってしまったのですが、時給がUPしていました。
相殺して、ちょうどトントンぐらいでした。
食事は毎日おかずが変わるバイキング形式で、なかなか充実していたので楽しみです。

③新たな職種でちょっと面白そう

前回は、朝食・夕食のバイキング会場のホール。
何とか対応はできたのですが、夕食時にはドリンクのオーダーが多いので、ちょっと難しかったです。

今回は、客室清掃です。
清掃の中でも、チェックアウト後の布団の片付け、チェックイン後の布団のセッティングとのこと。
部屋に入るって、ちょっと面白そうですね!
また前回同様、下膳作業のヘルプにも入るみたいです。

以上①~③。
同じ職場ではありますが、阿寒湖のロケーション、温泉や食事は折り紙付き。
さらに新鮮な要素もあります。

GWだとまだ緑も少なく、ベストシーズンではないっぽいですが。
阿寒湖がどんな表情を見せてくれるのか?楽しみではあります。

おそらく人生最後となるであろう阿寒湖を噛み締めつつ、帰りは中継地の帯広で1泊して、十勝観光でもするつもりです。

ちなみに、予定している弘前公園と五稜郭の桜を見に行くプランから帰宅して、翌日にはリゾバ出発。
なかなかの強行スケジュールですが、半分以上は遊びなので問題ありません。
Source: Time is money  キムのお金日記